家出人捜索の知識情報

01

未成年者の
家出問題

子共の家出など未成年者が突然、家出してしまったときは、早期の家出人捜索が必要

02

大人の
家出問題

成人である家族が何らかの理由により家出してしまったときは、広範囲による家出人捜索が必要

03

高齢者の
家出問題

同居する高齢者がふらっと外出した折にそのまま家出してしまったときは、高齢者向け家出人捜索が必要

04

家出人捜索
依頼をする前に

家出人捜索を依頼するときは、家出原因を見極めたうえで早期依頼が望ましいといえます。家出人捜索依頼の注意点

家出人捜索依頼をお考えの方へFOR BEGINNER

 

 

家出には目的がある

1日も早く家族を見つけ出すこと

大切な家族が突然、家出してしまったら驚かれる方が多いと思いますが、家出には必ずと言って良い程「理由」があります。家出人には何かしらの目的があり、それなりの準備をして家出をしている事が多いですが、そのことに周りの家族が気付いてないから驚くのです。家出人がどのような目的で家出してしまったのかその理由が分からないとなれば、安否も心配になります。1日も早く家出人を捜し出すためには家出目的を探り、足取りを辿る必要があります。

探偵法人調査士会の家出人捜索

経験豊富な専門家が有力情報を収集

家出人捜索と聞くと写真と特徴を記したビラを片手にひたすらに捜しまわるイメージ

探偵法人調査士会の家出人捜索調査は、家出人捜索の経験が豊富な熟練調査士による情報収集から始まります。家出人捜索と聞くと写真と特徴を記したビラを片手にひたすらに捜しまわるイメージを持たれる方も多いと思いますが、調査士会の家出人捜索は、家出人の目的を第一に調査し、目的に沿って行動する足取りを追うことで居場所を特定していきます。また関係者と思われる人物を通じた居場所情報の特定や各種データ情報の収集等、多面的な調査方法によって家出人の居場所を突き止めます。

 

 

探偵法人調査士会が選ばれる理由

家出問題の知識・捜索経験が豊富な担当調査士

探偵法人調査士会が多くの方々に利用される理由は当社が掲げる理念「飽くなき探求心」をすべての調査士が持ち、ご依頼人の抱える問題に対し情熱をもって取り組むことにあると自負しております。お受けする依頼の中には困難を極める事案も数多くありますが、諦めずに追及し調査を行うことで真実を見いだし、ご依頼人に報告することを心がけ業務を遂行しております。また、お受けする家出人捜索事案については、家出問題の知識・捜索経験が豊富な担当調査士が対応しているため、高い発見率と円滑な情報収集を行うことが可能です。探偵法人調査士会はご依頼人の気持ちや立場を十分に理解したうえで納得の探偵調査サービスの提供をお約束します。

 

 

弁護士から見た探偵による家出人捜索の重要性

今井弁護士(第二東京弁護士会所属)

今井弁護士

家出人を捜索するにあたり、弁護士が最初からできることはとても限られているのが現状です。家出にも様々なケースがあり、はじめから警察に捜索願を出すというケースばかりではありません。仮に捜索願を出すとしても家出人に関する手がかりが全くない場合には発見の可能性はとても低いでしょう。手がかりとなる情報はホームページの観覧履歴や携帯電話の位置情報、レシートなどあればあるほど良いです。警察に捜索願を出す際もそうでない場合も、ご自身で家出人捜索を行うことは簡単なことではありません。命の危険性も考慮して探偵の家出人捜索を依頼することで手がかりとなる情報が出てくる可能性が上がるといえるでしょう。

 

 

家出人捜索のご案内

探偵法人調査士会 家出人捜索のご案内

家出人捜索のご案内|目次

家出人捜索の依頼方法

警察署へ届け出を出した後に依頼

探偵に家出人捜索を依頼する際は、事前に最寄り警察署へ相談することをお勧めします。警察署に赴き事情を話すことで、行方不明者届(捜索願)を出すことができます。しかし、警察では率先して捜す(事情によって異なる)わけではありませんので、その後に探偵にご相談ください。また警察署と探偵と同時に捜索依頼をすることで発見する確率は上がります。

 

家出人捜索で多い相談内容

家出人捜索は出来るだけ早期に依頼することが重要です。「家出してしまった日」から1週間以内のご依頼が望ましいといえます。(1週間以上経過している事案でも依頼可)

 

家出人捜索依頼に必要なもの

家出人捜索の依頼時には、家出人に関する様々な情報が必要となります。主に必要なものは下記の通りです。(実際のご相談時には事前に必要なもの詳細をご確認ください)

 

依頼に必要なもの
  1. 家出人の写真や基本的な情報(氏名・勤務先・容姿情報等)
  2. 家出人の持ち物・残された物の情報
  3. 家出に至った経緯と家出した時期(資料・口頭でも可)
  4. 依頼料(家出人捜索プランを選択した際の料金)
  5. 印鑑(委任契約書に必要)

 

計画的な家出と突発的な家出の違い

多くの家出事例では家出人に目的があり、事前にそれなりの準備を整えて家出してしまうケースですが、中には突発的に家出してしまうケースも存在します。特に高齢者(痴呆症)や情緒不安定状態にある場合は本人に目的も宛もなく家出してしまうことがあります。計画的な家出である場合は家出人の目的に沿った調査が可能ですが、突発的な家出の場合は近隣ヵ所から遠方まで順を追って足取りをランダムに捜索する必要があります。しかし突発的な家出の場合、無計画な分遠くまでは行けないことが多いため早期に発見できる事案も多いといえます。

 

家出人の精神状態によって行き先を考える

家出人の多くは計画的であることは先に述べましたが、その家出目的が生死にかかわるものだとしたら問題は深刻です。日頃から精神状態が安定していない、自殺願望を持っているという事案である場合は、早急に最寄りの警察署へ届出を提出してください。警察署では、一般の家出人であっても事件性が高い事案、生死にかかわる事案であれば「特異行方不明者」として捜索してくれる可能性が高くなります。また警察への届出と同時に探偵に捜索依頼をすることで多面的な調査が可能になり発見率も上がります。探偵法人調査士会では過去の捜索事例をもとに家出人の精神状況によって行き先を推測し情報を収集し居場所を特定していきます。

大切な家族の家出問題は出来るだけ早く警察・専門家にご相談ください

 

行方不明者届(捜索願)警察署への提出方法

(※家出人等の捜索願は平成22年に変更され現在は「行方不明者届」となっています。
一般的な家出人は「行方不明者」として扱われ、事件性・事故の高い事案・生命の危機・未成年者・精神障害の場合は「特異行方不明者」として扱われます。
届出が出来る方は保護者・配偶者・監護人・同居者、雇主、社会生活における密接な関係者とされています。
届出に必要なものは、届出を提出する人の身分証明書・家出人の情報(写真等)・印鑑となります。

 

家出人捜索依頼にかかる費用

家出人捜索の費用とは

家出人捜索依頼には依頼料がかかります。料金の取り決めには家出人捜索を行う範囲(広さ)や捜索に投入する調査員の人数捜索日数などの要素から算出されます。家出人捜索に役立つ情報を事前にお持ちである場合は比較的低料金で依頼できますが、全く情報が無い場合や家出からかなりの時間が経過している場合などは、状況に応じた料金が算出されるため、依頼前には必ず依頼料の見積りを確認する必要があります。

 

家出人捜索の費用事例

家出人捜索の費用は各事案によって異なるため過去の費用事例を参考にすることである程度の依頼料を見出すことができます。下記は探偵法人調査士会で実際にお受けした家出人捜索依頼の過去事例です。これから家出人捜索の依頼をされる方はご参考ください。

 

費用事例
  • 5日間の家出人捜索(調査員3名)
    依頼料20万円+諸経費
  • 12日間の家出人捜索(調査員3名)
    依頼料30万円+諸経費
  • 1カ月間の家出人捜索(調査員5名)
    依頼料50万円+諸経費
  • 成功報酬による家出人捜索(期限3カ月)
    諸経費+成功報酬(80万円)
  • 配偶者の家出捜索及び現地状況確認(1カ月)
    依頼料50万円+諸経費

 

料金プランの確認と見積り確認

家出人捜索依頼の際は依頼料金プランの選択や見積りの確認が必要です。探偵法人調査士会では過去の家出人捜索依頼の事例から多くの料金プランをご用意しておりますので、自分に合ったプランをお選びいただくことができます。また予算に応じた料金見積りをご相談時に作成することも出来るため、事前にご確認いただき納得の上でご依頼いただくことが可能です。

 

家出人捜索にかかる費用を詳しく知りたいときは

家出人捜索の依頼にどのくらいの費用が掛かるのか、どのようなプランが適しているのか等、家出人捜索の調査内容・手法や見積りなどを確認したい方は、探偵法人調査士会の家出人捜索相談窓口をご利用ください。家出人捜索の専門調査士があなたに合ったプランのご提案、かかる費用の見積り、希望要望に沿ったサポート内容について詳しくご説明します。もちろんご相談に費用はかかりませんのでお気軽にお問い合わせください

料金費用相談
0120-77-3372

 

家出人捜索関連用語家出人が見つかりやすい場所

  • ゆかりのある場所
    思い出の場所や、親戚の家など。また親戚の家の付近や、会社付近などゆかりのある、見知った場所に行きやすい傾向にあります。
  • 友人、恋人の家
    仲のいい友人や先輩、交際相手の家です。家出人の交友関係を聞き込み調査で知り、その人物の張り込みをする事で判明するケースもあります。
  • ビジネスホテルや漫画喫茶
    意外にも自宅近くのビジネスホテルや漫画喫茶など目と鼻の先に滞在していることも少なくありません。ですが、個人情報保護法により問い合わせをしても宿泊者の名前を教えてくれることは非常に厳しくなっています。
  • 24時間営業のファミレス
    行く場所がなく、お金も限られている場合は、半日以上ファミレスにいるなどのケースもあります。
  • 趣味のある場所
    趣味でよく行っていたゲームセンターやアニメの会場など、その周辺で見つかるケースもあります。またゲーム仲間やアニメ仲間からの聞き込み情報で行き先が判明するケースもあります。

 

家出人捜索依頼のステップ(依頼の流れ)

家出人捜索依頼の流れについて

 

※この動画に音声はありません。

 

 

家出人捜索の相談

1、家出人捜索の相談
家出人捜索専門家への相談
家族の家出問題でお困りの方は、出来るだけ早く専門家にご相談ください。また、最寄り警察署への届出も行っておく必要があります。家出人捜索では、家出人が持ち物と残された物を確認する必要があります。また、家出直前の生活状況や周囲の環境に関する情報等についてもお聞かせいただくことで、捜索手法についてご案内することが可能です。家出人捜索によって結果が判明する確率などについても相談の段階でお応えすることが可能です。

 

料金プランの確認

2、料金プランの確認
家出人捜索料金の見積り
家出人捜索の依頼料は、捜索人数や捜索人員、捜索範囲などによって異なります。家出状況い合わせた料金プランをお選びいただくか、予算に応じた料金プランを作成することも出来ますので、家出人の向かう先などに心当たりなどがある場合はあらかじめお聞かせいただくことが重要です。

 

依頼申し込み

3、依頼申し込み
家出人捜索の委任契約
家出人捜索依頼は、下記書面をご確認の上お申し込みください。いずれも依頼に際して重要な指定書面となりますので必ずご理解・ご了承のもとご署名頂くことが必要です。
  • 重要事項説明書
  • 調査委任契約書
  • 調査目的確認書
  • その他、調査項目別の説明書

 

情報整理と準備

4、情報整理と準備
基情報確認と企画
家出人捜索は、ご依頼人であるご家族からお預かりした情報と、家出の情報をもとに調査の準備・企画を行います。捜索調査は家出人捜索の経験が豊富な専門調査員が対応しますので家出人の居場所判明率は比較的高いといえます。

 

家出人捜索開始

5、家出人捜索開始
家出人捜索専門チームが担当
家出人捜索は、お預かりした情報を一つずつ精査し、家出人の足取りを丁寧に確認しながら進めていきます。家出人の趣味趣向や知人友人などの情報にも目を向け多角的な捜索を行います。情報を精査する中で絞り込んだ位置情報に対し調査員が現地確認を行います。難易度の高い家出人捜索では、調査員人数の増加、絞り込み情報の拡大を行い対応していきます。

 

経過報告

6、経過報告
情報収集の途中経過報告
家出人捜索の経過情報(情報収集状況)については定期的にご依頼人にご報告します。捜索調査が滞りなく進んでいる場合や情報収集が困難な状況である場合も、ご依頼人に状況を説明し捜索調査の方向性や情報取得方法について判断していただくこともあります。

 

結果報告

7、調査報告
家出人捜索の結果情報をご連絡
家出人捜索によって情報収集が完了したら、家出人の居場所に関する情報を早急にご依頼人にご報告します。家出人の足取り情報等については後日報告書にてご報告します。

 

解決サポート

8、解決サポート
結果判明後の対策サポート
家出先で問題が生じている場合、その問題を解決するにあたり、対処・対策について専門家がサポートする事が可能です。専門家が解決までの道筋を立てるため自分では解決困難な事案でも円滑に進めることが可能です。

 

契約書類について探偵業法指定の書面

探偵業における依頼お申込み書類(契約書類)は探偵業法に定められた事項に沿って作成された書式書面である必要があります。重要事項説明書をはじめ、調査委任契約書及び調査利用目的書などが準備されていない探偵業者には依頼しないようご注意ください。また先の書面が発行されないまま依頼をしてしまったときは管轄の公安員会(警察署)へご相談ください。

 

家出問題に潜むリスクとは

家出問題には様々なリスクがある

家出問題は単に家族が家出したというだけの問題ではなく、様々なリスクが存在し誰もが危険な状況に陥る可能性があることを認識しておく必要があります。

 

未成年者の家出 未成年者の家出問題で最大のリスクは、事件・事故に巻き込まれ生命の危機に直面する可能性があるという事です。未成年の家出は社会的にも問題視される大きな事案であり、薬物使用や売春行為、その他にも事件性の高い事案に手を染め、後に引けない事態に陥ることもあります。また本人が犯罪行為に対する意識が薄い年齢である以上、周囲の大人の影響によっては最悪の事態になる可能性が高いとも言えるでしょう。
高齢者の家出 高齢者の家出問題におけるリスクと言えば、認知症等による迷い・事故などによる生命の危機です。お金や食料等を持たずに長時間帰宅しない状況になったら真っ先に警察へ相談し、出来る限り自分達でも捜す必要があります。池や貯水池に落ちてしまったり、山中で道を踏み外してしまったり本人の意識が朦朧としているなかでウロウロしていると想像もつかない事故にあっている可能性もあります。また健康な高齢者でも突如として自宅が分からなくなったり自分の住所を失念してしまい、帰るに帰れない状況になる事や車などを運転中に事故に遭い自分で対処できずにその場に留まってしまっているという事例もあります。
配偶者の家出 配偶者の家出の場合、殆どが計画的であることが多いため家出をした時点で別の問題が生じていると言っても良いでしょう。抱えている問題を家族には打ち明けるわけにいかずに家出という選択をしたのであれば、よほど大きな問題であるはずです。過去事例では配偶者の家出には、金銭問題、異性問題、精神的問題、会社問題が紐づいている可能性が高いといえます。家出というよりは逃げているに近い状態であるため、その問題が家族の身に降りかかる可能性も拭えません。

 

令和元年における行方不明者の状況警察庁生活安全局生活安全企画課

行方不明者の届出受理数(総数)は、過去10年間ではほぼ横ばいで推移しており、令和元年は86,933人で前年に比べ1,029人減少しています。男女別では男性が55,747人(構成比64.1%)、女性が31,186人(構成比35.9%)と男性の割合が高く男性女性共に過去5年間ではほぼ横ばいという状況です。年齢層別では20歳代が最も多く、70歳以上は増加傾向にあります。原因・動機別では疾病関係が年々増加し令和元年は23,906人(構成比27.5%)と最も多く、このうち認知症又はその疑いによるものは17,479人(構成比20.1%)。疾病関係に次いで家庭関係の14,335人(構成比16.5%)、事業・職業関係の10,244人(構成比11.8%)の順で多い(その他、不詳を除く)といえます。
令和元年中に所在が確認等された行方不明者(確認をした年次以前に受理した届出分を含む。)は84,362人でこのうち、警察又は届出人等において所在が確認された者は71,910人。届出受理から所在確認(死亡確認、その他を除く。)までの期間は、受理当日が最も多く33,640人、次いで2日~7日以内の24,548人となっています。

 

専門家による家出人捜索のアドバイス

自分で家出人を捜すときの注意点

家出人を自分達家族で捜す場合は、まず家出人の持ち物と残された物を冷静に分析することから始めましょう。持って出たものの中に財布(現金・クレジットカード)があるようなら、手持ち現金で行けるだろう範囲を捜索範囲とします。またクレジットカードについてはカード会社に連絡し明細を取り寄せ使用場所を特定することも可能です。また、残された物(デスクトップPC・ノートPC等)がある場合はインターネットの閲覧履歴(直近分)の確認等も必要です。更に関係各所への連絡確認、ビラの作成等も自分たちで出来る捜索手段だといえます。

 

家出人捜索は出来るだけ低費用で依頼

家族が家出してしまったときは、まず初めに警察署に相談・届け出をしておきましょう。警察署への届出に費用はかかりません。しかし、警察は率先して捜索をしてくれる訳ではありませんので、何かしらの事件や事故等が起きた際に該当者確認を行ってもらえます。家出人が事故を起こしたり、事件に巻き込まれたり、警察官に職務質問等を受けたときなどに発見される可能性があるのです。でも警察からの連絡を待っているだけでは見つかる可能性も低いため、同時に探偵に家出人捜索依頼をすることをお勧めします。探偵への依頼は費用が掛かる為、出来るだけ低費用で依頼する為に予算に合ったプランを選択するか、予算内で依頼ができるよう見積りを作成してもらう等、事前に料金に関する相談する必要があります。お勧めの依頼方法は、「家出人を発見次第調査終了」というプランです。1日単位で費用が発生しますが、見つかり次第調査が終了するため1日、2日で家出人が発見された場合、1日分・2日分の依頼料で済みます。(詳しくは探偵法人調査士会相談室にお問い合わせを)

 

家出人が見つかった後の対処対策

家出人の居場所が判明した際は、すぐに保護して連れて帰ると言いたいところですが、家出人が抵抗したり、無理に連れ帰ってもすぐに家出してしまうといった事態になる事も考えられるため、あまりお勧めしません。家出人の居場所が判明したときは、少しの間そのまま監視しておくことで家出人の目的や行動内容を知ることが出来、家出人と直接話し合う際に役に立ちます。探偵法人調査士会の家出人捜索プランでは、家出人が見つかった後の対処対策の一環として家出先での状況確認・行動調査・情報収集が含まれているので家出人が家出を繰り返す確率は低いといえます。

 

実際に家出人捜索依頼をするとき

専門家に家出人捜索を依頼したいとお考えの方は家出人捜索専門の調査士までご相談ください。家出人捜索の依頼方法や料金プランのご案内、家出問題の解決方法等様々なご相談に対応しております。また探偵法人調査士会では、はじめての依頼でも安心してご利用頂ける様々な料金プランをご用意しております。料金プランは過去の家出人捜索事案をもとに作成することも可能であるため、相談室までお問い合わせください。

 

家出人捜索の専門調査士があなたの大切な家族を捜します安心してご依頼ください

 

探偵利用のメリットとデメリット

探偵利用のメリット

 

 

専門的な技術と知識 探偵は、家出人を探すために必要な専門的な知識と技術を持っています。そのため、家出人の居場所を迅速に特定し、安全に帰宅させるための情報が提供できます。
迅速な捜索が可能 依頼をするとすぐに捜索を始められます。家出人を捜索するには迅速な捜索が重要です。早急に調査に取りかかることで発見率を高め、家出人がトラブルに遭遇する危険性も抑えることができます。
秘密裏に捜索が出来る 探偵は、プライバシーや情報管理に厳格な規定を設けており、依頼者の情報を厳密に管理します。また、家出人に捜索している事を知られずに探せるため逃げられてしまうリスクを防げます。
素早い報告 探偵は、捜索過程を報告してくれるため、一人で探すよりも情報共有しながら捜索が出来るため早期発見が期待できます。
アドバイスの提供 探偵は、過去に行った家出人の捜索の経験や知識に基づいて、依頼者に対して適切なアドバイスを提供してくれます。そのため、家出人が見つかった後の対応や、家出人との再会の方法についても相談することができます。

 

探偵利用のデメリット

 

 

費用 探偵に調査を依頼する場合、専門知識や技術を持った専門家に調査を依頼するため、ケースによっては一般的な調査に比べて費用が高くなることがあります。
結果の保証 探偵に依頼しても、捜索の成功が保証されるわけではありません。家出人が行方不明になっている場合は、捜索に時間がかかることがありますし、年数がたっている家出人を捜索する場合、捜索が難航することもあります。
連れ戻せない 発見することが出来ても直接的に家出人を家に戻すことは出来ません。情報の提供は出来ますが保護が出来ないためその後の行動を把握する行動調査も可能です。事件性がある場合には直ちに警察へ通報いたします。
情報開示が必要である 探偵に依頼する場合、家出人に関する多くの情報が必要になります。そのため依頼の際には、担当者に家庭の問題や言いづらい話もしなくてはいけません。プライバシーは厳重に守るためご安心ください。

 

家出人捜索調査一覧

子供の非行調査

「息子が犯罪に手を染めていないか心配」「素行の悪い娘が非行に走っていないか確認したい」という方に向けた、子どもの非行調査のご案内です。娘や息子の素行に心配がある親御さんは、犯罪に巻き込まれてしまってい‥詳しく見る

家出人を捜すなら探偵に相談しよう!相談料無料で気軽に相談可能

「家族が家出をして見つけられない」「家出を繰り返す子どもがいて困っている」という方に向けた、探偵の無料相談窓口のご案内です。家出した人を探すのにどこに相談したらいいのか分からないとお悩みではありません‥詳しく見る

家出人捜索を探偵に依頼する際の注意点とは?

「家出した人を探したい」「家出した人の行先の手掛かりがなくて困っている」という方に向けた、家出人捜索調査のご案内です。家出人を捜索する際に探偵事務所に依頼する際の注意点や依頼する前に知っておくべきポイ‥詳しく見る

家出人の捜索は専門家に頼ろう!探偵に依頼するメリットとは?

「家族が家出して探したい」「家出した人を探す方法を知りたい」という方に向けた、家出人捜索調査のご案内です。大切な人が家出してしまったら心配も多くあると思います。また、家出してしまった人とトラブルがあっ‥詳しく見る

家出人捜索の基礎知識|探偵に依頼する理由とは?

大切な家族や友人が家出をしてしまった場合、心配や不安でいっぱいになることでしょう。またトラブルが起きてしまった相手が家出してしまったら早く探したいという気持ちと不安が膨らむとおもいます。しかし、一人で‥詳しく見る

もっとみる

家出人捜索調査体験談

年末年始に母親の家に帰省したら母親がいなくなっていた|東京都30代女性の行方調査体験談

年末年始になると、学校や仕事がお休みに入り実家に帰省する人も多くなります。大学生や社会人の方は特に、大学もしくは職場が実家から離れているために実家を出て生活している方もいらっしゃるかと思いますが、家族‥詳しく見る

中国人の妻が家出して帰国してしまったかもしれない|新潟県40代男性の海外調査体験談

国境を越えて結ばれたカップルの結婚生活は、とてもロマンチックに聞こえますが、実は日本人夫婦と比べると外国人と国際結婚をした夫婦は、文化や考え方の違いからトラブルにつながることが少なくなくありま‥詳しく見る

家出した娘はトー横キッズに?娘に帰ってきてほしい|群馬県30代女性の行方調査体験談

家出して行く当てもない少年少女が新宿歌舞伎町内で集まっている集団を、いつの日か世間では“トー横キッズ”と呼び度々ワイドショーで取り上げるようになりました。彼らは、家庭環‥詳しく見る

飼っていたペットが居なくなったので探してほしい|山形県40代女性のペット捜索調査体験談

家族の一員も同然の愛犬の存在。犬でなくても、猫や他の生き物もそうですよね。その中でも愛犬が居なくなってしまったという相談は少なくありません。愛情を注いで育てた家族が、いきなり居なくなってしまっ‥詳しく見る

大学受験に落ちて浪人中の息子が失踪してしまった|愛知県40代女性の家出人捜索調査体験談

大学受験に落ちてしまい、浪人中のお子さんの抱えるストレスは、大人が想像する以上にとても大きなものでしょう。特に真面目に勉強を頑張っていたお子さんに限って、真面目さゆえに考えすぎてしまい、失踪や‥詳しく見る

もっとみる

家出人捜索調査事例

TikToker(ティックトッカー)として活躍する娘が家出してしまった|長崎県40代男性からの調査相談事例

10代~20代で見ていない人は珍しいくらいに大流行しているTikTok(ティックトック)。スマホに合わせて縦型のショート動画の投稿やライブ配信が誰でも手軽にできるプラットフォームで、若年層にとっては日‥詳しく見る

プチ家出を繰り返す息子の行き先を知りたい|埼玉県40代女性からの調査相談事例

最近では、未成年の家出に関係するニュースが多くあります。誘拐されたり性的被害に遭っていたり、または闇バイトなどをしていて知らぬ間に加害者になっていたなんてことも。ただの思春期によるプチ家出だと思ってい‥詳しく見る

喧嘩して家出してしまった婚約者を探したい|神奈川県30代女性からの調査相談事例

マリッジブルーや結婚に対して意見のぶつかり合いがあり、婚約者が家出して帰って来なくて困っているという相談は意外と多いいです。私の婚約者はきっと帰ってくるし危険な事は無いだろうと思っていませんか?婚約者‥詳しく見る

趣味のグッズを売り、家出して帰ってこない息子を探してほしい|青森県50代女性からの調査相談事例

成人している家族が、家出や失踪した場合、事件性がない場合警察が捜査をしてくれることはほとんどありません。しかし、大切な家族が突然いなくなってしまったら、どこで何をしているのか、事故にあっていないか不安‥詳しく見る

家出した同棲相手を探してほしい|神奈川県の探偵の家出人捜索 - 家出人捜索

喧嘩をしていたわけではないのに、急に同棲していた彼氏が連絡もなく家に帰って来なくなったら、何かトラブルにでもあったんじゃないかと心配になりますよね。家出人捜索はスピードが命です。今回は「家出し‥詳しく見る

もっとみる

家出人捜索の専門家が24時間対応しております

探偵法人調査士会では、家出人捜索に関する様々なご質問・ご希望・ご要望に対しお応えしています。大切な家族が家出してしまった時の対処方法や、家出人を自分達で探す方法についてもご案内可能です。また警察への届出を行っても見つからない、家族で捜してしても見つからない場合でも諦めずに家出人捜索の専門家にご相談ください。きっと見つけ出すことが出来るはずです。

家出無料相談
0120-77-3372

多くの方が選ぶ家出人捜索プラン

家出人捜索調査プラン1

5日間の家出人捜索調査
5日間調査員が家出人の捜索を行う調査
依頼料
税別20万円

家出人捜索調査プラン2

1週間単位の家出人捜索調査
1週間毎に依頼が継続できる捜索プラン
依頼料
税別25万円

家出人捜索調査プラン3

1カ月単位の家出人捜索調査
1カ月毎に依頼が継続できる捜索プラン
依頼料
税別50万円

おすすめの家出人捜索プラン

おすすめ家出人捜索調査プラン1

未成年者の家出人捜索
未成年者の家出問題を解決するプラン
依頼料
税別15万円

おすすめ家出人捜索調査プラン2

高齢者の家出人捜索
高齢者の家出問題を解決するプラン
依頼料
税別30万円

おすすめ家出人捜索調査プラン3

配偶者の家出人捜索
配偶者の家出問題を解決するプラン
依頼料
税別25万円

お知らせIEDENINSOSAKU-NEWS

2023-12-20

子供が家出したときの有効な探し方|探偵法人調査士会ニュース

子どもの家出は、未成熟な年齢であるほど家出しやすく危険な事件に巻き込まれる確率が高くなります。しかし未成年は多感な時期でもあり、親との些細な衝突によって家出する可能性を高めてしまいます。親御さ‥詳しく見る

2023-12-10

令和5年度年末年始の営業についてのご案内|探偵法人調査士会のお知らせ

年末年始の営業についてお知らせです。探偵法人調査士会は年末年始もご相談を受け付けています。連休は調査依頼が混み合う傾向にあります。年末年始の調査依頼をお考えの方は、探偵の人数確‥詳しく見る

2023-10-17

家出問題とSNSの関係とは|探偵法人調査士会ニュース

家出問題は様々な世代の問題ではありますが、特に近年では若者に多くなり家出の方向性もSNSの普及により危険性が高まってきてしまっています。そこで、この記事では家出とSNSの関係性に焦点を当て、S‥詳しく見る

2023-10-04

行方調査で探す相手とは?|探偵法人調査士会ニュース

行方が分からなくなってしまった相手を探すために探偵による行方調査というものを利用することが出来ます。行方が分からなくなってしまい探偵に相談を頂くケースはとっても多くあり、内容は様々です。一人一‥詳しく見る

2023-09-26

行方不明者情報提供|岩手県

岩手県内の行方不明者に関する情報提供の最新情報をこちらで共有しています。心当たりのある方は情報提供にご協力ください。また、ご家族やご友人などで行方不明になっている方がいる場合に‥詳しく見る

もっとみる

 

お問い合わせCONTACT

お電話での家出人相談

0120-77-3372

家出人問題に関する様々なご相談に調査士がお応えします。

メール家出人相談(24時間無料お見積り)

※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心ください。
※送信後48時間以内に返答が無い場合はお電話でお問い合わせください。
※お急ぎの方は電話無料相談をご利用ください。

お名前必須

※ご不安な方は偽名でもかまいません

必ずご記入ください

お住まい地域

※お住まいの地域を選択してください

必ずご記入ください

ご連絡先

※携帯または固定電話の番号をご記入ください

必ずご記入ください

メールアドレス必須

※携帯アドレスはPCからの受け取り可能に設定してください

必ずご記入ください

家出人

※対象人物をお選びください

家出した時期

※家出した時期をお選びください

家出に至る経緯について必須

※できる限り詳しくお聞かせください(家出の原因など分かる範囲で)

必ずご記入ください

家出人の持ち物と残された物

※持って出たもの・残された物をお聞かせください

必ずご記入ください

家出先の推測と関係者について

※心当たりや関係者の有無についてお聞かせください

必ずご記入ください

サポートの有無

※希望するサポートがあればお選びください

希望予算

円くらい
必ずご記入ください

ご都合の良い時間帯

探偵法人調査士会のご案内に関する詳細Company overview

家出人捜索の知識情報ページは、探偵法人調査士会の家出人捜索の専門家によって作成されたページです。弁護士監修のもと家出人の捜索や家出による問題の解決、家出人捜索の依頼、費用等に関する知識情報を記載しております。会社情報等は下記をご覧ください。調査士会の詳細案内は下記のページに記載しております。

探偵法人調査士会は
全国に対応しておりますAREA

【北海道・東北地方】
北海道  青森  岩手  秋田  
宮城  山形  福島
【関東地方】
東京  千葉  埼玉  神奈川  
群馬  栃木  茨城
【北陸・甲信越地方】
新潟  長野  山梨  富山  
石川  福井
【東海地方】
静岡  愛知  岐阜  三重
【関西地方】
大阪  京都  奈良  滋賀  
兵庫  和歌山
【中国地方】
鳥取  島根  岡山  広島  山口
【四国地方】
香川  愛媛  徳島  高知
【九州地方】
福岡  長崎  佐賀  大分  熊本 
宮崎  鹿児島  沖縄
【本部事務局】
探偵法人調査士会

探偵法人調査士会は全国に対応しております