home > 自己調査サポート > ストーカー被害から身を守る方法はある?|探偵の自己防衛調査サポート

ストーカー被害から身を守る方法はある?|探偵の自己防衛調査サポート

 

ストーカー行為に悩まれている方は、精神的にも不安や恐怖が大きくダメージを受けています。警察への相談数も年々と増えていますが、まだ氷山の一角にすぎず、ストーカー被害を相談できずに苦しんでいる被害者の方が数多くいらっしゃいます。今回の記事では、ストーカー被害に遭った方の声を一部ご紹介するとともに、ストーカー被害から身を守るための実践的アドバイスと探偵が行う自己防衛調査サポートについて、探偵調査の専門家が解説しています。ストーカー被害に悩まれている方や相談できずにいる方は、是非こちらの記事を参考にしてください。

 

 

ストーカー被害から身を守る方法はある?|探偵の自己防衛調査サポート

 

 

ストーカー被害から身を守るための実践的アドバイス

ストーカー問題の大きな課題とは

近年のストーカー事件の実態

ストーカー規制法が制定された以降も、痛ましいストーカー事件が多発しています。以下は近年で起きたストーカーによって殺害事件に発展してしまった事件の一部になりますので、ぜひご覧ください。ストーカー被害を一人で解決するのはかなり難しい問題です。そのため状況に合わせ、適切な場所への相談と解決方法で徹底的な対策を取らなくてはいけません。一番は、誰にも言わずに抱え込むことが危険なため、専門家に相談し、現在できる対策やストーカーに対してしてはいけない事などを把握していくことが大切です。

 

 

近年のストーカー事件のニュース記事(2024年6月現在)

 

 

ストーカー規制法の欠点

ストーカー規制法とは、他者への好意を受け入れてもらえなかったことからの逆恨みなどが原因として、つきまとい行為や本人の同意を得ず勝手に居場所を確認したり、監視する行為である位置情報無承諾取得等などを繰り返すストーカー行為を取り締まるための法律です。この法律は、過去に起きたストーカーによる殺人事件によって制定され20年以上が経ちました。しかし、この法律にはまだ課題点があると言えます。一つは、ストーカー被害を通報すると加害者側に接近禁止命令を出すことができますが、必ずしも行動阻止できるものではありません。警察に通報したことを逆恨みして、被害者へ直接危害を加えようとする場合も否めません。もし禁止命令等に違反して加害者が逮捕されたとしても、2年以下の懲役又は200万円以下の罰金にとどまります。裏を返せば、たった2年で刑期で加害者のストーカー気質を改善されることは難しいと言えます。加害者がストーカー行為を二度としないような措置を行うことが今後の課題と言えるでしょう。

 

 

ストーカー被害に遭った被害者の声

以下は、解決サポートへ過去にストーカー被害のご相談をされた被害者の声になります。同じようなお悩みをお持ちの方は、一人で抱え込まず信頼できる第三者やストーカー問題の知識がある専門家に相談してください。ストーカー被害者の中には、恥ずかしくて相談できないという方もいらっしゃいますが決して恥ずかしいことではありません。解決につなげていくためにも、まずは誰かに相談することから行いましょう。

 

 

学校・職場でいじめを受けた被害者の声

職場の顧客に待ち伏せされている
埼玉県20代女性
販売職をしているのですが、お店に来る男性顧客に待ち伏せされることがあります。例えば、昼休憩に入る前のタイミングに来店して「休憩時間に一緒にランチしよう」と誘ってくるのです。何とかお断りして逃れているのですが、仕事が終わってから帰宅するときも付きまとわれているのではないかと思ってしまい怖いです。でも、顧客なので警察に相談するのもどうかと思い誰にも相談できません。

 

 

学校・職場でいじめを受けた被害者の声

元カノが自傷写真を送りつけてくる
新潟県20代男性
元カノとは半年前に別れたのですが、それから「もう死にたい」という文言とともにリストカットした画像をメールで送りつられています。別れた原因も、元カノのメンヘラ気質なところが耐えられなくなったからなのですが、いまだにそういった連絡が来るのがしんどいです。でも着信拒否をして元カノが本当に死んでしまったらと思うと、なかなかできずに今でも誰にも相談できず悩んでいます。

 

 

学校・職場でいじめを受けた被害者の声

息子の同級生の父親からしつこく誘いが
大阪府30代女性
息子の同級生の父親が、私に好意を持ったのか食事にしつこく誘ってくるんです。また、息子の塾の送り迎えの時に毎回会うのですが、私が来るのを見計らってきているのではないかと思うと気が気じゃないんです。お互い家庭もありますし、それ以前に私はその方と不倫をする気もありません。でも変に夫や他のママ友に相談すると「自意識過剰なんじゃないか」と思われるんじゃないかと思い、誰にも話せません。

 

 

※調査依頼体験談は過去の依頼内容を一部変更して掲載しています。

 

 

ストーカー被害から身を守るためには

第三者にこれまでの経緯を伝えておく

ストーカー被害を受けている際に避けておきたいことは、一人で抱えて孤立することです。現状は、自分の行動を配慮したり相手にしないようにしてまだ何とかなっているとしても、いつどこで身の危険があってもおかしくありません。加害者はとても身勝手な思考になっているので、突然襲ってくることは十分にあり得ます。もし何の前触れもなく緊急事態になった時に、第三者にストーカーに遭っていることを知らせておくだけでも、その第三者も知らせを受けてすぐに緊急性を感じ取ってくれるでしょう。

 

 

ストーカーに反応せずにきっぱり拒否する

ストーカーは好意をもって嫌がらせ行為をしている場合もあれば、被害者が苦しんでいる状況を見たくてわざと嫌がらせをしている場合もあります。そういった相手に反応すればするほど、ストーカー行為を増幅させることに繋がってきてしまいます。まずはきっぱりと要求に答えられない旨を伝え、むやみに反応することを避けましょう。

 

 

警察や専門家に相談する

要求に受け答えられない意思を伝えても、ストーカーを避けて無視するようにしむけても、悪質な場合は更にエスカレートしてしまう危険なパターンもあります。その状況になったら、ご自身や身内の中で買い得k津することは難しくなりますので、それ以上の対応がとれる警察や専門家に相談して法的な対応をとったり、ストーカーから離れる生活のアドバイスを受けたりしましょう。

 

 

ストーカー被害から身を守るためには

 

 

探偵による自己防衛調査サポートとは?

ストーカー問題に有効的なサポート概要

ストーカー被害を相談できず悩まれている方は、自己防衛調査解決サポートを利用するで解決できるかもしれません。自己防衛調査サポートは、なぜ自分自身がストーカー行為をされるのかという被害の原因を突き止めるために有効的な調査です。また、自分自身を守るために必要な情報を収集するサポートを行ったり、何をするべきなのか判断が難しい場合に家族の寄り添い方などのアドバイスを行うことも可能です。必要に応じてカウンセラーのご紹介もできますので、一人で悩まずまずはご相談ください。

 

 

自己防衛調査サポート

自己防衛調査サポート
自分の身を守るための調査サポート
自己防衛調査サポートは、トラブルや問題が起きる前にご自身の身を守るために対策や対処をしておく調査サポートです。また、ご自身が加害者側になってしまったトラブルや問題においても、自分の身を守るための策定や実施サポートを行います。

 

 

ストーカー被害に遭ったらまず行うべきこと

ストーカー被害をまずは相談

ストーカー被害を受けている方は、まずは誰か信頼できる人に相談してください。警察に通報することも一つの手段ですが、警察に伝えたことで加害者が逆恨みして危害を加えられた事件も起こっており安心はできません。周りに相談できる相手がおらず、どのように対処したらいいかわからないという方は、専門家である私たちに相談してください。ストーカー被害を適切に対応していくために、私たちが全面的にご協力いたします。まずはご自分でできる行動をとってみましょう。

 

  1. 被害状況を相談
  2. 可能な調査と解決策のご提案
  3. 自己防衛調査サポートを行う
  4. 自分が望む解決方法を考える
  5. 専門家と共に解決を行う

 

 

ストーカー被害を相談したい方へ

ストーカー被害を相談できる無料相談窓口のご案内

 

「ストーカーされている問題を解決したい」「ストーカー被害を誰にも相談できない」とお悩みの方は、一度専門家にご相談ください。

ストーカー被害を、自分一人で解決するのはとても危険です。加害者と直接接触することで、感情を逆撫でして危害を加えられる可能性もあります。必ず被害状況を警察や、専門家、第三者に相談し、味方になってくれる人と一緒に解決していきましょう。早急に対処するためには、私たち探偵法人調査士会へまずはご相談ください。あなたの気持ちに寄り添ったサポートをお約束します。

無料相談は24時間、お電話とメールから受け付けております。

 

 

探偵調査相談

LINE相談
探偵法人調査士会公式LINE
探偵法人調査士会ではLINEからの自己防衛調査に関するご相談もお受けしています。メールや電話では聞きづらいこともLINEでお気軽にお問合せいただけます。質問やご相談は内容を確認後、自己防衛調査担当者が返答いたします。

 

  • LINEなら時間に関係なく気軽に問い合わせできる
  • 電話できない際もLINEで相談できる
  • 誰にも知られたくない方にもLINEなら非表示でばれる心配なし
  • 担当者が一つずつ返信するため、AIによる自動返信の煩わしさもなし

 

ストーカー被害解決の専門家

解決コンサルタント
ストーカー被害解決の専門家
このページは、調査業歴22年の探偵監修のもとにストーカー被害解決の専門家(コンサルタント)が作成しています。記事内容は解決知識を持つ専門家がストーカー対策の基礎知識及び事例、サポート依頼方法、依頼料に関する情報、被害解決に必要な情報をみなさまにお伝えする為に実際の過去事例なども踏まえて作成しております。

 

 

関連記事

メンズコンカフェで多額の売掛をつくってしまった|東京都の探偵のトラブル被害解決サポート

一部の悪質なホストクラブでの売掛が問題になっていますが、メンズコンカフェで多額の売掛をつくってしまう若年女性のトラブルも多発しており問題が浮き彫りとなっています。メンズコンカフェでトラブルにな‥詳しく見る

職場に何度も現れ待ち伏せするストーカーを何とかしたい|静岡県30代女性の自己防衛調査サポート事例

皆さんはどのラインからストーカーだと思いますか?ストーカー規制法では、つきまといや待ち伏せ等の行動については言及していますが、実際どのくらいの頻度でどのような状況で該当するのかといった具体的な‥詳しく見る

元カレをストーカーにしない方法とは|探偵法人調査士会ニュース

ストーカー被害で悩まれているといった相談は絶えずに、悩みを抱えているけれど解決ができないという相談も多くあります。ニュースでも見かける機会が多いことから自分も被害に’遭わないか不安な方も多‥詳しく見る

浮気される男の特徴|探偵法人調査士会ニュース

浮気をするのが男性だけだと思われがちでしたが、実は女性が浮気していることも多く、ニュースでも見かけることもあるのではないでしょうか。自分のパートナーは浮気しないだろうと安心していては危険です。浮気には‥詳しく見る

ハラスメント対策:自己防衛のための具体的ステップと法的サポート | 自己防衛調査

ハラスメントは社会問題として毎日のように大きく取り上げられています。しかし、その実態は依然として深刻で、多くの人々が日々苦しんでいます。職場や学校、家庭、そしてオンライン上など、あらゆる場所で‥詳しく見る

彼氏の奥さんから慰謝料請求されて既婚者と知った|長野県30代女性の自己防衛調査サポート体験談

不倫の慰謝料問題は、不倫をされた側としては、不倫相手が許せずしようという気持ちを抱えている方が多く、簡単には取り下げてはくれません。しかし、恋人が既婚者だと知らなかった場合にも支払わなくてはい‥詳しく見る

ネットストーカーから身を守る予防方法と被害の解決方法|探偵法人調査士会ニュース

ストーカー被害は現実社会における付きまとい行為だけでなく、近年ではネット社会でのストーカーも問題視されています。ネットストーカーやサイバーストーカーなどと呼ばれ、相手の顔も見えず誰にストーカー‥詳しく見る

リア友が急にインスタグラムで「いいね」しなくなった|大阪府の探偵の自己防衛調査サポート

SNSでは、アカウントが投稿した写真やコメントに「いいね」を付けられる機能があり、「いいね」機能はフォローしてるしていない関係なくつけることが出来ます。インスタグラムでは、投稿のほかにストーリーズとい‥詳しく見る

ママ友に嘘の噂話を流されている|探偵の自己防衛調査サポート

子どもがいる家庭には少なからず発生してしまうママ友関係。普通の友人とは異なり、関係を築くことが難しく時にはトラブルに発展してしまう事も。子どもも関わる問題なため、簡単に解決するのは困難‥詳しく見る

同僚に急に無視されるようになった|千葉県20代女性の自己防衛調査体験談

仲良かった人から突然態度が急変し、無視をされたり嫌がらせまがいな事をされたら何が原因なのか不安になりますよね。職場では無視された経験がある方も残念ながら多いのではないでしょうか?単に相手側の機‥詳しく見る

お問い合わせCONTACT

お電話でのストーカー対策相談

0120-77-3372

ストーカー被害の解決法に関するご相談にアドバイザーがお応えします。

メール相談(24時間無料)

※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心ください。
※送信後48時間以内に返答が無い場合はお電話でお問い合わせください。
※お急ぎの方は電話無料相談をご利用ください。

お名前必須

※ご不安な方は偽名でもかまいません

必ずご記入ください

お住まい地域

※お住まいの地域を選択してください

必ずご記入ください

ご連絡先

※携帯または固定電話の番号をご記入ください

必ずご記入ください

メールアドレス必須

※携帯アドレスはPCからの受け取り可能に設定してください

必ずご記入ください

ご相談者の年代

※ご自身の年代をお選びください

性別

※性別をお選びください

ストーカー被害状況必須

※できる限り詳しく(ストーカーの状況)

必ずご記入ください

心当たりについて
(加害者等の情報)

※相手についてわかる範囲でお聞かせください

必ずご記入ください

依頼目的・希望・要望

※依頼の目的や希望要望があればお聞かせください

必ずご記入ください

希望予算

円くらい
必ずご記入ください

ご都合の良い時間帯

 

 

探偵法人調査士会は
全国に対応しておりますAREA

【北海道・東北地方】
北海道  青森  岩手  秋田  
宮城  山形  福島
【関東地方】
東京  千葉  埼玉  神奈川  
群馬  栃木  茨城
【北陸・甲信越地方】
新潟  長野  山梨  富山  
石川  福井
【東海地方】
静岡  愛知  岐阜  三重
【関西地方】
大阪  京都  奈良  滋賀  
兵庫  和歌山
【中国地方】
鳥取  島根  岡山  広島  山口
【四国地方】
香川  愛媛  徳島  高知
【九州地方】
福岡  長崎  佐賀  大分  熊本 
宮崎  鹿児島  沖縄
【本部事務局】
探偵法人調査士会

探偵法人調査士会は全国に対応しております