home > 盗聴盗撮被害対策サポート > 職場で盗撮されているかもしれない|愛知県20代女性の探偵の盗聴盗撮被害対策サポート

職場で盗撮されているかもしれない|愛知県20代女性の探偵の盗聴盗撮被害対策サポート

 

盗撮犯罪は年々増加傾向にありますが、その中でも職場内での盗撮事件が急増しています。その理由に、盗撮機器やスマホのカメラ性能が上がったことで、犯行が容易になっていることが挙げられます。最近では、ネジ型のカメラなども登場し、一目見ただけではカメラと判別できないものも多数存在します。そのような物が更衣室やトイレなどに仕掛けられていた場合、発見はかなり難しいといえます。しかし、怪しいなと感じたときにすぐ対処しなければ、盗撮被害は拡大し、最悪の場合はネット上に晒される危険性もあります。今回は、職場で盗撮されているかもしれないと不安を感じた愛知県に住む20代の女性の盗聴盗撮対策サポート事例を紹介します。

 

職場で盗撮されているかもしれない|愛知県20代女性の探偵の盗撮被害対策サポート

 

【この記事は下記の方に向けた内容です】

  • 職場で盗撮被害を受けているかもしれないとお悩みの方
  • 盗撮被害の対処法を知りたい方

 

 

職場で盗撮されているかもしれないと思った時の解決策

職場の盗撮問題とは

 

職場は盗撮されやすい

職場は盗撮が発生しやすい環境の一つです。まず、職場には多くの人が出入りし、セキュリティが緩い場所が多いため、盗撮犯が隠しカメラを設置しやすいです。特に関係者の場合は、勤務時間外にも立ち入ることができるため、犯行に及びやすいです。また、職場内での盗撮は被害者が気づきにくく、長期間にわたり犯行が続くことも少なくありません。

 

 

        職場内での盗撮事件を扱ったニュース記事(2024年6月時点)

 

 

巧妙化する盗撮器

盗撮器の技術は年々小型化・高性能化し、その種類も多岐にわたっています。ペン型や腕時計型、USBメモリ型など、日常生活で見慣れた物にカメラが仕込まれていることが多くあります。例えば、ボールペンに見えるカメラは、会議中やオフィス内で不自然に見えず、気付かれることなく撮影が可能です。最近ではボタン型カメラやメガネ型カメラも登場しており、衣服やアクセサリーにカメラが埋め込まれるケースも増えています。これらのデバイスは、非常に小型で高画質な映像を記録できるため、発見が難しいのが現状です。また、公共のトイレに設置されたフック型カメラが発見されたケースやカフェでUSB充電器に見せかけたカメラが使われ、客の様子が撮影されていたケースもあります。このように、日常生活の中で気づかぬうちに盗撮されるリスクが高まっています。

 

相談事例「職場で盗撮されているかもしれない」

 

盗撮被害対策サポート体験談

 

■■■を■■■調査で解決した体験談

 
職場で盗撮されているかもしれない
愛知県在住20代 女性
私はデパートで勤務しているのですが、お手洗いに行く際は従業員専用のトイレを使用します。そのトイレの個室に、不自然な穴を発見しました。穴の大きさや空いている位置などから、盗撮用のカメラが仕掛けられているのではないかと思い、すぐに上長に相談し扉を調べてもらいましたが、その時はカメラらしきものは発見されませんでした。しかし、設置されていた可能性が高いということでした。犯人はトイレだけでなく、ロッカールームなど色んなところにカメラを隠している恐れもあり、もしかしたら定期的に場所を変えているのかもしれません。正直、毎日不安で仕方ありません。こういう場合どうしたらいいのでしょうか。
 

 

※相談内容は探偵法人調査士会にて過去に受けたご相談内容を一部変更して掲載しています。

 

自分で解決することは難しい

 

盗撮被害の対応の難しさ

盗撮被害を感じていたとしても、確実な証拠がなければ警察に被害届を出すことは難しいです。また、職場内で不安を訴えても、会社としては不祥事が明るみに出るのを恐れ、穏便に済まそうとしたり、犯人を特定できたとしても、犯人に対ししっかりとした対応や処分を下してくれるとは限りませんし、証拠が消されている可能性もあります。また、誰かに相談することで、犯人側に気付かれてしまい、報復などを受けてしまう恐れもあり、被害者が声を上げづらい状況も存在します。

 

放置しておくと被害が拡大する

犯人側の心理として、盗撮はある種の性癖であり、その欲求を止めることは非常に難しい状態にあります。なので、犯行がバレない間は継続する可能性が高く、盗撮の被害は肥大化していく恐れがあります。そして、犯行がストーカー行為にまでエスカレートすることも考えられます。また、犯行が営利目的であった場合、盗撮された動画データをネット上に流出させ、拡散される恐れも大いにあります。いずれにせよ、怪しいと思った段階で適切に対処しなければ、被害が拡大していくことは免れません。盗撮犯の手法や被害時の対応方法などはこちらの記事で紹介しております。

 

盗撮被害に遭った時の対応方法 | 盗撮被害対策サポート

 

探偵が行う盗撮被害対策サポート

 

不安を解消したい時に利用できるサポート

職場で盗撮の被害にあっているかもしれないので、削除してほしい・解決したいという場合には探偵の盗撮被害対策サポートが利用が有効です。盗撮被害対策サポートとは、盗撮器や盗撮者の特定や、被害証拠の収集のほか、ネット上に拡散されてしまった写真の削除対策や投稿した人の特定、被害の証明などを行う専門家によるサポートサービスです。盗撮被害には様々な種類があり、解決方法も人それぞれです。状況に合わせてどのような解決が効果的なのか提案し、それに必要な情報収集や対策をしていきます。ご自身では解決が難しいと感じた場合には、専門家に相談しどのような最終解決をお望みなのか定め、解決していきましょう。

 

 

盗撮被害対策サポート

盗撮被害対策サポート
盗撮被害の対策と解決
盗撮被害対策サポートは、盗撮被害に遭わないために事前に対策を行うサポートです。個人宅もあれば企業、施設、店舗での調査も可能です。また、盗撮被害に既に遭っている場合の解決サポートも行っています。自分では解決が難しい場合にはサポートを利用して更なる被害を防ぐ必要があります。

 

 

盗撮被害対策サポートの費用

 

盗撮被害対策サポートの費用について

サポートを利用するにはコンサルティング費用が発生します。費用は、サポートの内容によって異なります。盗撮被害サポートを利用する場合、今回の相談事例では相手と再度連絡を取り解決したい・法的措置を取りたい・投稿の削除をしたいというようなパターンに対応ができます。どのような解決を行うのかで、行うサポート内容を決めていきますので現状や希望をお話しください。費用の見積もりや相談は無料でお受けしています。費用やサポート内容に関して不安がある方は無料相談窓口をご利用ください。

 

 

盗撮被害対策サポートの費用について

 

 

職場での盗撮疑いの対応には

 

盗撮の疑いがある際の対応は

盗撮の不安を抱えながら働き続けることは、非常に精神的な苦痛を伴いますし、身内に犯人がいるのではないかと疑心暗鬼になり、仕事もままならなくなるでしょう。盗撮はれっきとした犯罪行為ですが、明確な証拠がない限り被害届を出すことも難しいです。盗撮被害対策サポートでは、盗撮の被害の証拠を収集し警察に被害届を出すためのサポートはもちろんのこと、依頼人のご希望に応じて、犯人の特定などまで行うことも可能です。一日も早く安心して働ける日々を取り戻すためにも、ご自身の納得できる解決策を一緒に見出していきましょう。トラブル対策サポートを受ける場合は、その前に被害状況を整理しておくとスムーズです。

 

  1. 被害状況を相談
  2. 可能な調査と解決策のご提案
  3. 盗撮被害サポートを行う
  4. 自分が望む解決方法を考える
  5. 専門家と共に解決を行う

 

 

探偵調査相談

LINE相談
探偵法人調査士会公式LINE
探偵法人調査士会ではLINEからの盗聴盗撮被害に関するご相談もお受けしています。メールや電話では聞きづらいこともLINEでお気軽にお問合せいただけます。質問やご相談は内容を確認後、盗聴盗撮被害対策担当者が返答いたします。

 

  • LINEなら時間に関係なく気軽に問い合わせできる
  • 電話できない際もLINEで相談できる
  • 誰にも知られたくない方にもLINEなら非表示でばれる心配なし
  • 担当者が一つずつ返信するため、AIによる自動返信の煩わしさもなし

 

24時間無料相談窓口

 

無料相談窓口のご案内

「職場で盗撮されているかも知れない」「従業員トイレで盗撮された」とお悩みの方は、一度専門家にご相談ください

最近は、スマートフォンや盗撮器などのカメラもより小型で高性能になり、気付かないうちに盗撮されてしまっていることも少なくありません。最近は、自宅や職場などの特定の人しか出入りしないような場所での被害も多数報告されています。もし、盗撮されているかもしれないと感じた場合には、すぐに出来る限りの対処をして、リスクを最小限にしていきましょう。ご自身で解決できない問題でも専門家に相談してサポートを受けることで解決方法のステップが分かり、解決策も見出すことが出来ます。お悩みがある方はまずはご相談ください。

無料相談窓口は24時間、お電話とメールから受け付けています。

 

 

盗撮被害解決の専門家

解決コンサルタント
盗撮被害解決の専門家
このページは、調査業歴22年の探偵監修のもとに盗撮被害解決の専門家(コンサルタント)が作成しています。記事内容は解決知識を持つ専門家が盗撮被害の基礎知識及び事例、サポート依頼方法、依頼料に関する情報、被害解決に必要な情報をみなさまにお伝えする為に実際の過去事例なども踏まえて作成しております。当社に関する詳細は探偵法人調査士会のご案内をご覧ください。

 

 

盗聴被害解決における弁護士のアドバイス

弁護士のアドバイス
今井弁護士
東京第二弁護士会所属
・盗撮被害を解決しようとする際には、被害拡大を止め、再発防止を目的とする一方で、特定の相手に対して何らかの損害賠償等を求めたい、という場合も少なくありません。

 

・見ず知らずの人間から盗撮されている場合と、知り合いから盗撮されている場合の解決や交渉のアプローチは変わってくるため、まずは実態を明らかにする必要があります。

 

・相手の動機によっては、盗撮された写真や映像がウェブ上で公開されてしまう場合もあるため、問題の一刻も早い解決のためにも急いで対応すべきケースだと考えられます。

 

 

関連記事

営業先の社員に盗撮されている…|群馬県20代女性の証拠収集調査体験談

盗撮など、嫌がらせ行為による被害を証明するには証拠が必要です。明らかにされている嫌がらせでもしていないと相手が認めず、証拠もない場合は問題解決は厳しくなるでしょう。そんな時は、専門家の証拠収集‥詳しく見る

お問い合わせCONTACT

お電話での盗撮被害相談

0120-77-3372

盗撮被害の解決法に関するご相談にアドバイザーがお応えします。

メール相談(24時間無料)

※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心ください。
※送信後48時間以内に返答が無い場合はお電話でお問い合わせください。
※お急ぎの方は電話無料相談をご利用ください。

お名前必須

※ご不安な方は偽名でもかまいません

必ずご記入ください

お住まい地域

※お住まいの地域を選択してください

必ずご記入ください

ご連絡先

※携帯または固定電話の番号をご記入ください

必ずご記入ください

メールアドレス必須

※携帯アドレスはPCからの受け取り可能に設定してください

必ずご記入ください

ご相談者の年代

※ご自身の年代をお選びください

性別

※性別をお選びください

被害種別

※被害の種類をお選びください

被害状況について必須

※できる限り詳しく(経緯や被害の状況をお聞かせください)

必ずご記入ください

相手の情報(加害者)

※相手についてわかる範囲でお聞かせください

必ずご記入ください

依頼目的・希望・要望

※依頼の目的や希望要望があればお聞かせください

必ずご記入ください

希望予算

円くらい
必ずご記入ください

ご都合の良い時間帯

 

 

探偵法人調査士会は
全国に対応しておりますAREA

【北海道・東北地方】
北海道  青森  岩手  秋田  
宮城  山形  福島
【関東地方】
東京  千葉  埼玉  神奈川  
群馬  栃木  茨城
【北陸・甲信越地方】
新潟  長野  山梨  富山  
石川  福井
【東海地方】
静岡  愛知  岐阜  三重
【関西地方】
大阪  京都  奈良  滋賀  
兵庫  和歌山
【中国地方】
鳥取  島根  岡山  広島  山口
【四国地方】
香川  愛媛  徳島  高知
【九州地方】
福岡  長崎  佐賀  大分  熊本 
宮崎  鹿児島  沖縄
【本部事務局】
探偵法人調査士会

探偵法人調査士会は全国に対応しております