証拠収集の知識情報

01

相手に不正を認めさせる
ための証拠収集

配偶者、従業員などが不正を行った際に認めようとしないときは不正を認めさせる証拠収集が必要

02

裁判資料としての
証拠収集

法的解決を望む場合、必ず証拠が必要になります。その際は、証拠資料の収集が必要です

03

被害を証明する
ための証拠収集

トラブルや嫌がらせ行為による被害を証明する為には必ず被害証拠の収集が必要です

04

証拠収集を
依頼する前に

証拠収集を依頼するときは、どのような証拠が必要なのか事前に明確にしておくことが重要です。証拠収集依頼の注意点

証拠収集依頼をお考えの方へFOR BEGINNER

 

 

証拠が無ければ解決しない

どんな問題でも証拠が無ければ解決は困難

「証拠」とは、ある命題の真偽・存否を判断する根拠となるもののことをいいます。つまり事が真実であるか否か、本当にあった事かどうかを第三者が判断する為の材料のことです。何かしらの問題が生じ、被害を被った場合、訴えを起こす際にその事実を第三者に証明する必要があり、その根拠である「証拠」が必要になるのです。起きた問題に対し相手が事実を認めている場合には、証拠は必要ありませんが、相手が事実を認めない、一部認めないなどと言う場合には、必ず証拠は必要であり証拠が無ければ問題解決は困難になると言えるでしょう。

探偵法人調査士会の証拠収集

決定的な証拠で問題解決

決定的な証拠

探偵法人調査士会では、ご依頼人が必要とする「決定的な証拠」を収集する為に様々な調査手法を用いて対応しております。民事訴訟のための証拠収集は、相手が事実を認めざるを得ない程の証拠の収集を徹底すると同時に数多くの証拠類を収集していきます。また事件を解決する為に必要な証人探しや証言の収集サポート(所在や居場所確認等)についても提携弁護士事務所と共に対応する事が可能です。その他、金銭問題、異性問題、騙され被害などに関する被害証拠(状況証拠類)の収集についても全般的にお受けしておりますので、証拠が無く解決を諦めることをせず専門家にご相談ください。

探偵法人調査士会が選ばれる理由

民事問題・調査の知識・経験が豊富な担当調査士

探偵法人調査士会が多くの方々に利用される理由は当社が掲げる理念「飽くなき探求心」をすべての調査士が持ち、ご依頼人の抱える問題に対し情熱をもって取り組むことにあると自負しております。お受けする依頼の中には困難を極める事案も数多くありますが、諦めずに追及し調査を行うことで真実を見いだし、ご依頼人に報告することを心がけ業務を遂行しております。また、お受けする証拠収集事案については、民事問題・調査の知識・経験が豊富な担当調査士が対応しているため、円滑な証拠・情報収集が可能です。探偵法人調査士会はご依頼人の気持ちや立場を十分に理解したうえで納得の探偵調査サービスの提供をお約束します。

証拠収集のご案内

探偵法人調査士会 証拠収集のご案内

証拠収集のご案内|目次

証拠収集の依頼方法

必要な証拠は何であるかを明確にする

問題解決の為に「証拠」「情報」を必要としている際は、証拠収集依頼をする前に解決に必要な証拠が何であるかを明確にしておく必要があります。的外れな情報収集を行わないためにも目的に沿った情報収集を依頼しましょう。問題解決にどのような証拠が必要であるか分からない場合は、事前に専門家にお尋ねください。

 

証拠収集相談事例

証拠の使い道は事案によってそれぞれです。事の事実を認めようとしない相手には、決定的な証拠を数多く準備することが好ましいといえます。

 

証拠収集依頼に必要なもの

証拠収集の依頼には下記を準備していただく必要があります。準備していただく情報類についてご質問等がある場合は相談室までお問い合わせください。

 

依頼に必要なもの
  1. 事の経緯と内容が分かる資料等(証拠が必要となった経緯とその内容)
  2. 対象となる人物に関する情報(相手についてわかる範囲の情報)
  3. 依頼料(選択した証拠収集プランの料金)
  4. 印鑑(委任契約に必要)

 

証拠収集の種類

証拠収集調査は、証拠の種類や用途によって手法が異なります。何のためにどのような証拠が必要なのか、目的に沿った証拠を集めるために様々な調査を用意しています。

証拠収集の種類

 

証拠収集依頼の注意点

証拠収集を依頼する際は、証拠が必要である理由(目的)を明確にし、どのような証拠を収集することで問題が解決するのか予め専門家と打ち合わせを行うことが重要です。藪から棒に情報収集を行っても意味のない情報では問題は解決しません。また証拠収集は、専門家であっても知識・経験が豊富な専門家であることを確認の上依頼することが大切です。

証拠収集依頼は知識・経験が豊富な調査士にご依頼を

 

自分で証拠収集を行うときの注意点証拠収集調査は慎重に行うことが大切

証拠は、その事案によって異なりますが、自分で証拠を収集するときはそれなりの知識と情報収集法を知っておく必要があります。証拠を収集したいという気持ちが先走り不法な手法で証拠を集めてしまったり、トラブル相手に嗅ぎまわっている事がバレてしまい、証拠を収集することが困難になったりすることも少なくありません。自分で証拠類を集める場合は、出来る範囲で行うようご注意ください。どんなに些細な情報であっても証拠としてなり得るものもある為、出来るだけ多くの情報を集めるように心がけましょう。

 

証拠収集依頼にかかる費用

証拠収集の費用とは

証拠収集を依頼するためには調査依頼料が必要となります。証拠収集調査の依頼料の取り決めは、調査によって得る証拠の種類やその量、調査の難易度などによって異なりますが、基となる情報(今お持ちの情報)が多い場合は比較的低費用で依頼する事が可能です。相手の名前や住所などの基本的な情報が全く分からないといった場合は、調査の手数が増えるため料金にも影響するとお考え下さい。証拠を収集するために必要な調査の種類によっては日数や時間によって費用を算出する場合や情報件数によって費用算出するなど違いが生じることもありますので事前にご確認下さい。

 

証拠収集依頼の費用事例

探偵法人調査士会では多くの証拠収集依頼をお受けしております。下記は過去にお受けした証拠収集のための依頼事例です。証拠収集費用は証拠の用途によって調査方法が異なりますので、下記事例をご参考ください。

 

費用事例
  • 不貞行為の証拠収集(尾行調査及び張り込み調査3日間)
    15万円+諸経費
  • 嫌がらせ被害の証明(張り込み及び撮影調査5日間)
    25万円+機材費
  • トラブル被害の証拠収集(聞き込み・データ情報収集)
    25万円+情報取得費
  • 裁判資料のために証拠収集(調査員実働時間30時間)
    30万円+諸経費

 

料金プランの確認と見積り確認

証拠収集を依頼する際には、自分が必要とする証拠の種類を明確にし、目的に適している料金プランの選択や見積りの確認が必要です。探偵法人調査士会では過去の調査事例をもとに多くの料金プランをご用意しておりますので、自分に合ったプランをお選びいただくことができます。また予算に応じた料金見積りをご相談時に作成することも出来るため、事前にご確認いただき納得の上でご依頼いただくことが可能です。

 

証拠収集にかかる費用を詳しく知りたいときは

証拠収集を必要とする際、依頼にどのくらいの費用が掛かるのか、どのようなプランが適しているのか等、証拠収集の内容や費用見積りなどをご希望される方は、探偵法人調査士会の証拠収集相談窓口をご利用ください。証拠収集の専門調査士があなたに合ったプランのご提案、かかる費用の見積り、希望要望に沿ったサポート内容について詳しくご説明します。もちろんご相談に費用はかかりませんのでお気軽にお問い合わせください。

料金費用相談
0120-77-3372

 

証拠収集調査関連用語証拠の種類

  • 音声
    いじめやモラハラやなどの証拠を得る場合、ボイスレコーダーなどによって音声証拠を得るケースもあります。また浮気や不正を知る際に、その事実を音声として残すことで法的に認められる証拠になります。
  • 写真
    不貞行為や嫌がらせの証拠を得る際は、調査員によって撮影された証拠写真が有効です。対象者の顔をはっきりと認識できるほどの鮮明な写真を撮る事が可能です。ピンボケや顔が認識できない、日付が記載されていない写真は証拠として認められないケースがあります。
  • 動画
    嫌がらせ、いじめ等の際は、犯人と思われる人物の犯行現場の撮影を行います。いじめによる暴力行為の証拠動画を撮るケースが多いと言えます。
  • 手紙や日記など
    浮気、DV、モラハラ、職場のパワハラなど、当事者がつけていた日記が証拠になるケースもあります。ネット上に記載していたブログなどは、日付などがハッキリしている為に証拠として認められやすいと言えます。
  • 診断書
    暴行を受けた際や、精神的被害を受けた際、病院や精神科での診断書が有効です。診断書を得るために病院に行っても、発行してもらえないケースもあるので、当時の診断書を保管しておく事が大切です。

 

証拠収集依頼のステップ(依頼の流れ)

証拠収集依頼の流れについて

 

※この動画に音声はありません。

 

 

証拠収集の相談

1、証拠収集の相談
証拠収集専門家への相談
不正を認めさせたい事案や裁判資料としての証拠が必要なときは、証拠収集が必要です。証拠収集の依頼をお考えの際は、まず専門家に、依頼の目的や今お持ちの情報(対象人物)について詳しくお聞かせください。証拠収集に適した手法や調査の期間、証拠収集の利用方法などについて詳しくご案内します。

 

料金プランの確認

2、料金プランの確認
証拠収集にかかる費用
証拠収集は、目的別・期間・取得する証拠情報の量によってプランが異なり、料金費用も様々です。目的に沿った証拠収集の料金プランをお選びいただくか、予算・目的に応じたプランを作成し料金見積りをご確認していただくことが可能です。

 

依頼申し込み

3、依頼申し込み
証拠収集の委任契約
証拠収集を依頼する際は、下記の書面をご確認の上お申し込みください。いずれも依頼に際して重要な書面となりますので必ずご理解、ご了承のもと署名頂く必要があります。
  • 重要事項説明書
  • 調査委任契約書
  • 調査目的確認書
  • その他、調査項目別の説明書

 

情報整理と準備

4、情報整理と準備
基情報確認と企画
証拠収集は事前にご依頼人からお預かりした多くの情報を一つ一つ整理し、証拠収集の調査企画を専門チーム内で行います。ご依頼人の目的に沿った証拠類を収集するためには、多角的な調査方法を選定し的確な証拠を収集するための事前準備が必要です。

 

証拠収集開始

5、証拠収集開始
証拠収集専門チームが担当
証拠収集は専門の調査チームによって様々な調査手法を駆使して実行されます。ご依頼人が必要とする証拠類を的確に収集することで、問題解決に導きます。また専門家による証拠収集調査は通常では得られない情報も収集が可能です。

 

経過報告

6、経過報告
証拠収集の途中経過報告
証拠収集の経過情報(調査状況)については定期的にご依頼人にご報告します。証拠収集が滞りなく進んでいる場合や調査が困難な状況である場合も、ご依頼人に状況を説明し調査の方向性や証拠取得方法について判断していただくこともあります。

 

結果報告

7、結果報告
証拠収集の報告書提出
調査による証拠収集が終了した後は、結果報告書を作成します。報告書作成には3日~1週間程度を要しますが、重要な情報や証拠については、証拠収集終了時にリアルタイムでご依頼人にご報告・ご提出することも可能です。

 

解決サポート

8、解決サポート
結果判明後の対策サポート
証拠収集による結果を基に問題を解決するにあたり、その対処・対策について専門家がサポートする事が可能です。専門家が解決までの道筋を立てるため自分では解決困難な事案でも円滑に進めることが可能です。

 

契約書類について探偵業法指定の書面

探偵業における依頼お申込み書類(契約書類)は探偵業法に定められた事項に沿って作成された書式書面である必要があります。重要事項説明書をはじめ、調査委任契約書及び調査利用目的書などが準備されていない探偵業者には依頼しないようご注意ください。また先の書面が発行されないまま依頼をしてしまったときは管轄の公安員会(警察署)へご相談ください。

 

民事問題と証拠

民事訴訟における証拠とは

民事訴訟では当事者間に争いのない事実(裁判上の自白が成立した事実)及び顕著な事実については、そのまま判決の基礎とすることができ、証拠によって立証する必要がない(民事訴訟法179条)とされています。つまりそこには争いがないという事になります。また、裁判所は証拠調べの結果(証拠資料)及び弁論の全趣旨に基づいて自由な心証により、争点についての事実認定を行う(民事訴訟法247条)としています。

 

証拠が必要なときとは

前項で述べたように、当事者間に争いがないときには、証拠は必要ないと民事訴訟法によって定められています。民事訴訟において証拠が必要になるときとはどのような時かというと、「当事者間に争いがあるとき」となります。つまり相手が事実を認めないときに証拠が必要になるのです。

 

証拠の種類

書証 書証とは裁判所が文書を閲読し記載された内容を収得することで、その内容が証拠資料となります。
検証 検証とは検証物を取り調べることをいい、裁判官が直接観察します。この取り調べで得られる証拠資料を「検証の結果」と呼びます。
証人尋問 証人を取り調べることを証人尋問と言います。裁判官・当事者が証人に対し直接質問し口頭にて返答させる方法でこの証拠資料を「証言」と呼びます。
当事者尋問
(本人尋問)
当事者(原告・被告)本人を取り調べることを当事者尋問といい、裁判官が証人に対し直接質問し口頭にて返答させる方法でこの証拠資料を「供述」と呼びます。
鑑定 鑑定とは特別の学識経験を有する鑑定人に書面または口頭で専門知識や意見を述べさせる方法でこの証拠資料を「鑑定意見」と呼びます。

 

専門家が必要なときは探偵法人調査士会

証拠収集及び訴訟の専門家が必要なときは探偵法人調査士会の相談窓口へお問い合わせください。事案に沿った証拠の収集方法、弁護士のご紹介、その他解決コンサルタントのご紹介など問題解決のサポートを行っております。

 

証拠をもって問題解決

証拠原因として認められるためには

証拠原因とは証拠資料の中から裁判官が心証形成に採用したものの事をいいます。証拠原因を出来るだけ多く裁判官に認められれば優位性が得られると考えられます。そのためには多くの証拠資料を収集し準備することが重要だと言えるでしょう。

 

証拠が無いと嘆く前に

証拠資料は多い方が有利に事を進めることが出来ますが、証拠が無いからと言って諦める必要はありません。どんなに些細な情報であっても書類一枚であっても、その内容から証拠になり得る情報があるかもしれませんし、相手を十分に調査することで証拠を収集することが出来るかも知れません。大切なのは諦めずに根気よく情報を収集することです。

 

証拠に関する専門家相談

証拠について自分では収集が困難であったり、どのような証拠が有効なのか収集するべき証拠は何であるのかなど、お困りの方は証拠収集に関する知識や収集能力を持った専門家に相談されることをお勧めします。問題解決をするためには、「有力な証拠を収集」することが重要で証拠能力・証明力に優れたものを準備する必要があるため専門家に委ねることもひとつの手段だといえます。

 

現段階で証拠が無くても諦めずに専門家に相談することをお勧めします

 

証拠収集調査一覧

訴訟用の証拠類の収集

「被告の個人情報が必要」「被害の証拠がほしい」という方に向けた、訴訟用の証拠類の収集調査です。法的解決を望む際は、必ず被害証明の出来る証拠や、被告の基本情報が必要となります。過度な自己調査や、解決を焦‥詳しく見る

相手の虚偽を証明する証拠

「嘘を付かれている気がする」「真実を知りたい」という方に向けた、相手の虚偽を証明する証拠収集のご案内です。相手とトラブルが起きている時や、嘘を付かれているような気がする時、真実を確かめる為の証拠収集が‥詳しく見る

不正問題の証拠収集

「従業員の不正を確認したい」「不正を認めさせたい」という方に向けた、不正問題の証拠収集調査のご案内です。個人間だけでなく、企業や社内での不正問題は、その後の大きなトラブルになりかねません。不正の事実を‥詳しく見る

金銭トラブルの裏付け証拠

「借用書がなく返済してもらえない」「返済期限を延ばされている」という方に向けた、金銭トラブルの裏付け証拠収集調査のご案内です。信用していた相手だから借用書を書かなかった、などの理由で金銭トラブルが起き‥詳しく見る

不貞行為の証拠収集調査

「夫の不貞を証明したい」「妻の不貞を確かめたい」という方に向けた、不貞行為の証拠収集調査のご案内です。配偶者の不貞があると思われるとき、ご自身で解決出来ないと感じたときは、専門家に相談しましょう。不倫‥詳しく見る

もっとみる

証拠収集調査体験談

マッチングアプリで出会った女の子にお金を取られた|福島県40代男性の証拠収集調査体験談

マッチングアプリが今とても流行しています。ステイホームや在宅ワークが多くなり、人と会う機会が無くなってしまい、出会いの場が無くなってしまったことが関係すると思います。その一方で、マッチングアプ‥詳しく見る

マッチングアプリで出会った男性に宗教の勧誘をされている|新潟県発40代女性の証拠収集調査体験談

今の時代、恋人をマッチングアプリで探している方も少なくないのではないでしょうか。しかしその一方で、マッチングアプリに関する被害も多くなっているのが現状です。今回は、マッチングアプリで出会った男‥詳しく見る

マッチングアプリであった男にセクハラされるようになった|富山県20代女性の証拠収集調査体験談

マッチングアプリで出会った男性にセクハラをされているが、証拠がないので困っているという相談は、近年とても増えてきています。マッチングアプリは手軽に出会いを探せるとても便利なアプリですが、危険も‥詳しく見る

離婚した本当の理由が知りたい|北海道30代女性の証拠収集調査体験談

離婚をしてからでも本当の理由が知りたいという相談は少なくありません。真相を知らないままだとモヤモヤが残ってしまいます。本当のことを知ることで前に進むことができるかもしれません。今回は、離婚をし‥詳しく見る

友達が自分の彼氏と連絡を取ってる証拠が欲しい|岡山県20代女性証拠収集調査体験談

彼氏や彼女が、自分に内緒で自分の友達と連絡を取っているかもしれないので調べてほしい、という相談内容は少なくありません。連絡先を交換したのを知っている場合はいいのですが、それを秘密にするというこ‥詳しく見る

もっとみる

証拠収集調査事例

高齢ドライバーの親を引退させたい|青森県の探偵の情報証拠収集調査 - 証拠収集調査

78歳の義父に運転を卒業してほしいと切に願い、今もなお車ハンドルを握っている義父の危険運転を心配する女性から相談がありました。やはり、女性の脳裏にあるのは、記憶にも新しい池袋暴走事故だ‥詳しく見る

建設現場での従業員の不当行為及び業務実態|建設業・建築業向け調査案内

従業員の不正行為を調べて欲しいという相談は少なくありません。今回は、建設の現場で従業員が違う従業員に暴力をしているかもしれないので調べて欲しい、という相談事例をご紹介します。自身が現場に出れな‥詳しく見る

建設現場での従業員の不正問題|建設業・建築業向け調査案内

従業員が会社の物を持ち出しているかもしれないので調べて欲しい、という相談は少なくありません。会社にとって大きなダメージになってしまう前に早期解決することをお勧めします。今回は、会社で出た鉄など‥詳しく見る

顧客とのトラブル解決のための情報調査|不動産・金融・保険業向け調査案内

顧客とのトラブルは会社にとっても大きなダメージを受ける場合があります、そして二次被害の可能性も高いので、トラブルや問題が起きた際は素早く解決していきましょう。今回は、騒音トラブルが起きていると‥詳しく見る

保険適用時の事件事故における実態・証拠収集|不動産・金融・保険業向け調査案内

事故を起こしてしまった時に、両者の言い分が違っていることが良くあります。どちらが本当のことを言っているのか、事故の原因はなんだったのか、専門家に相談をし、調査をしていくことをお勧めします。今回‥詳しく見る

もっとみる

証拠収集の専門家が24時間対応しております

探偵法人調査士会では、証拠収集に関する様々なご質問・ご希望・ご要望に対しお応えしています。トラブル等の証拠収集をご検討されている方は専門家にご相談ください。きっと解決方法が見つかるはずです。証拠収集の利用法や証拠収集調査で収集した情報の扱い方、今起きているトラブルの解決方法などについても詳しくご案内しております。

証拠収集相談
0120-77-3372

多くの方が選ぶ証拠収集プラン

証拠収集プラン1

3日間の証拠収集プラン
3日の調査期間で可能な限りの証拠収集
依頼料
税別240,000円

証拠収集プラン2

7日間の証拠収集プラン
7日の調査期間で可能な限りの証拠収集
依頼料
税別500,000円

証拠収集プラン3

15日間の証拠収集プラン
15日の調査期間で可能な限りの証拠収集
依頼料
税別800,000円

おすすめの証拠収集プラン

おすすめ証拠収集プラン1

不正行為の証拠収集プラン
不正行為を証明する決定的な証拠を収集
依頼料
税別300,000円

おすすめ証拠収集プラン2

被害を立証する証拠収集プラン
被害を受けている事を証明する証拠の収集
依頼料
税別300,000円

おすすめ証拠収集プラン3

複数回の証拠収集プラン
立証度を高めるために複数回の証拠をとる調査
依頼料
税別800,000円

お知らせSHOKOSHUSHU-NEWS

2022-01-05

新型コロナウィルス感染によるいじめ問題|探偵法人調査士会ニュース

新型コロナウィルスが流行したことで、感染者や感染者家族にいじめや嫌がらせをするという問題が起こりました。東京、大阪あ、愛知などの都市は感染者も多くコロナに感染しても特定もされる‥詳しく見る

2021-12-15

在宅ワークの影響で増加しているハラスメント問題|探偵法人調査士会ニュース

新型コロナウイルスが発生したことにより、3密を避けることから会社の働き方が変わった方は非常に多くいます。今まで家に仕事を持ち込まないようにしていた方も、在宅ワークにより家庭で仕‥詳しく見る

2021-12-02

探偵による未成年のいじめ問題解決とは|探偵法人調査士会ニュース

未成年のいじめによる自殺や傷害事件が後を絶ちません。子供同士でのいじめは今や刑事事件に発展するケースも少なくないのです。未成年のいじめと言えど、傷害や窃盗が起きていてはそれは犯罪です。警察対応‥詳しく見る

2021-10-29

探偵事務所に依頼するときの注意点|探偵法人調査士会ニュース

探偵事務所に依頼する時、初めての方はどんなことに注意すればよいか分からないと思います。探偵の選び方、依頼料金の見積もり、調査内容など、依頼するにあたって大切な事をしっかりと確認したうえでご依頼‥詳しく見る

2021-09-17

初めて探偵事務所へ相談する方へ|探偵法人調査士会ニュース

探偵事務所へ相談・依頼をするというのは、ほとんどの方がはじめての経験です。探偵へ相談する方は、何か困り事やトラブルがあって、他のどこにも相談出来ずに解決を求めてご依頼いただきます。しかし探偵と‥詳しく見る

もっとみる

 

お問い合わせCONTACT

お電話での証拠収集相談

0120-77-3372

証拠収集に関する様々なご相談に調査士がお応えします。

メール証拠収集相談(24時間無料お見積り)

※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心ください。
※送信後48時間以内に返答が無い場合はお電話でお問い合わせください。
※お急ぎの方は電話無料相談をご利用ください。

お名前必須

※ご不安な方は偽名でもかまいません

必ずご記入ください

お住まい地域

※お住まいの地域を選択してください

必ずご記入ください

ご連絡先

※携帯または固定電話の番号をご記入ください

必ずご記入ください

メールアドレス必須

※携帯アドレスはPCからの受け取り可能に設定してください

必ずご記入ください

証拠収集の対象事案

※対象となる事案をお選びください

証拠収集の目的

※証拠を収集する目的をお選びください

現在の状況について必須

※できる限り詳しくお聞かせください(証拠が必要となった経緯)

必ずご記入ください

現時点での情報

※現在お持ちの情報についてお聞かせください

必ずご記入ください

依頼目的・相手の情報

※依頼の目的や相手の情報があればお聞かせください

必ずご記入ください

サポートの有無

※希望するサポートがあればお選びください

希望予算

円くらい
必ずご記入ください

ご都合の良い時間帯

探偵法人調査士会は
全国に対応しておりますAREA

【北海道・東北地方】
北海道  青森  岩手  秋田  
宮城  山形  福島
【関東地方】
東京  千葉  埼玉  神奈川  
群馬  栃木  茨城
【北陸・甲信越地方】
新潟  長野  山梨  富山  
石川  福井
【東海地方】
静岡  愛知  岐阜  三重
【関西地方】
大阪  京都  奈良  滋賀  
兵庫  和歌山
【中国地方】
鳥取  島根  岡山  広島  山口
【四国地方】
香川  愛媛  徳島  高知
【九州地方】
福岡  長崎  佐賀  大分  熊本 
宮崎  鹿児島  沖縄
【本部事務局】
探偵法人調査士会

探偵法人調査士会は全国に対応しております