人事調査の知識情報

01

従業員に対する
人事評価

現在雇用中の従業員に対し業務怠慢行為、情報漏洩疑惑、背任行為等の疑いがあるときは不正確認人事調査が必要です

02

新規採用者の
情報収集

新規採用予定者に不審な点があるときは、採用前の情報収集として履歴書裏取り人事調査が必要です

03

ハンティング対象の
情報収集

有能な人材を探し特定したら、その人物に対する評価を確認する為の特定人事調査が必要です

04

人事調査を
依頼する前に

人事調査を依頼するときは、相手についてどの程度の調査を行うかを明確にする必要があります。人事調査の注意点

人事調査依頼をお考えの方へFOR BEGINNER

 

 

禍は人がもたらすもの

些細な問題を放置することで大きな問題に

社内で生じる問題の多くは人的要因によるものだといえます。普段は見過ごしがちな些細な問題が気付けば取り返しのつかない大きな問題に発展してしまったという事例は数多く存在します。リスク管理を徹底している企業でも人がもたらす禍のすべてをヘッジすることは難しく、重要なのは実際に問題が起きたときに如何に迅速な情報収集を行い適切な解決法を選択することなのです。

探偵法人調査士会の人事調査

リスクを排除するための調査

人事問題における様々な調査

探偵法人調査士会では、人事問題における様々な調査に対応しております。業種を問わず社内外で起こるトラブルに対し迅速・秘密裏に情報収集を行い問題解決に導きます。機密事項の漏洩トラブルによる事態の悪化などに対しても対応が可能であるため安心してご利用頂ける調査サービスを提供しています。また企業にとって大きな被害が生じる規模のトラブルに対しては対象人物のバックグラウンドチェックを行うことで他のリスク(問題のある交友関係・非社会的生活環境)についても情報収集することが可能です。

探偵法人調査士会が選ばれる理由

人事調査の知識・経験が豊富な担当調査士

探偵法人調査士会が多くの方々に利用される理由は当社が掲げる理念「飽くなき探求心」をすべての調査士が持ち、ご依頼人の抱える問題に対し情熱をもって取り組むことにあると自負しております。お受けする依頼の中には困難を極める事案も数多くありますが、諦めずに追及し調査を行うことで真実を見いだし、ご依頼人に報告することを心がけ業務を遂行しております。また、お受けする人事調査事案については、人事調査の知識・経験が豊富な担当調査士が対応し、高い判明率と円滑な情報収集を行うと共にご依頼人の気持ちや立場を十分に理解したうえで納得の探偵調査サービスの提供をお約束します。

 

 

弁護士から見た探偵による人事調査の必要性

今井弁護士(第二東京弁護士会所属)

今井弁護士

従業員や、採用しようとする人物や取引をしようとする人物について、素行や学歴や職歴、前職での評判などの調査を行うことは、SNSでの投稿や炎上などのリスクなども高まっていることから、昨今、必要性がとても高いです。人事調査の目的では、業務適性を見るといった前向きなものもあれば、経歴詐称、過去のトラブルの有無・SNSの炎上等の詳細を確認する、といった後ろ向きなものもあります。人事における採用コストは日に日に高まっている中、人事調査をした方が、リスクが明らかになる前に判明するなど、全体としてかかる労力や時間、金銭が小さくなることも少なくありません。

 

 

人事調査のご案内

探偵法人調査士会 人事調査のご案内

人事調査のご案内|目次

人事調査の依頼方法

依頼前に目的と必要な情報を整理

人事調査の依頼をご検討される際は、事前に調査を依頼する目的必要な情報の種類等につい整理しておくことが必要です。また対象となる人物に関する情報等についても出来る範囲で収集しておくと依頼がスムーズになります。

 

人事調査で多い依頼目的

人事調査は、社内外の人物に対応しているため様々な内容について調査が可能です。希望する人事調査が依頼可能であるかは相談室にお問い合わせください。

 

人事調査依頼に必要なもの

人事調査の依頼には下記を準備していただく必要があります。準備していただく情報類についてご質問等がある場合は相談室までお問い合わせください。

 

依頼に必要なもの
  1. 対象人物の情報(相手の写真等含)
  2. 今起きている問題の経緯と内容が分かる資料等
  3. 依頼料(身辺調査の料金プランを選択)
  4. 印鑑(委任契約書類に必要)

 

人事調査の手法と種類

人事調査は、対象となる人物の行動把握(尾行・張り込み)・周囲からの情報収集(聞き込み)・各種データ情報の収集によって行われます。事案に沿った適切な調査手法によって情報収集を行うことで目的の情報を秘密裏に得ることが出来ます。

 

身辺調査の種類
  1. 従業員の行動・素行調査
    業務実態の確認(業務時間内の行動把握・時間外の素行状況の確認等)
  2. 採用予定者の情報収集
    現況・過去歴の確認(現在の業務実態・態度・過去の業務歴・風評等)
  3. 他社の人材情報の収集
    業務実態・素行・信用情報の確認(勤務状況・プライベート・信用情報の収集)

 

人事調査依頼の注意点

人事調査の依頼方法について少しでも不明な点があるときは必ず専門家に相談し、人事調査の知識情報、依頼の必要性などを確認しておくことが重要です。また、人事調査にはいくつかの種類がある為、目的に沿った人事調査を依頼する必要があります。必要な情報と不必要な情報はしっかりと見極めて依頼をすることで費用対効果の高い調査を行うことが出来ます。探偵法人調査士会では、納得の人事調査依頼をして頂くために、事前に十分なご説明とご依頼人の目的に沿った人事調査専用のプランをご案内しております。

人事調査の依頼は費用対効果の高いプランを選択することをお勧めします

 

個人情報の取り扱いについて探偵法人調査士会

個人の情報は慎重な取り扱いが必要です。ご依頼人においては正当な目的によって人事調査依頼をするのは当然のことですが、調査によって判明した情報の取り扱いには十分ご注意ください。また探偵法人調査士会は、人事調査によって収集した個人情報については厳重管理を徹底し、調査報告後に破棄処分します。

 

人事調査依頼にかかる費用

人事調査の費用とは

人事調査を依頼するためには依頼料が必要となります。人事調査の依頼料の取り決めは、調査によって得る情報の量や調査の種類、難易度などによって異なりますが、基となる情報(今お持ちの情報)が多い場合は比較的低費用で依頼する事が可能です。名前も住所など基本的な情報が全く分からないといった場合は、調査の手数が増えるため料金にも影響するとお考え下さい。また調査の日数や時間によって費用を算出する場合や情報件数によって費用算出するなど違いが生じることもありますので事前にご確認下さい。

 

人事調査の費用事例

探偵法人調査士会でお受けする人事調査の料金事例の一部です。人事調査の依頼目的や日数などによって費用が異なりますので下記をご参考ください。

 

費用事例
  • 従業員の業務実態調査
    (3日間)20万円+諸経費
  • 支店従業員の評価用調査
    (7日間)30万円+諸経費
  • 新規採用者の情報収集
    (5日間)15万円+諸経費
  • 社外の人材情報収集
    (20日間)30万円+諸経費

 

料金プランの確認と見積り確認

人事調査を依頼する際には、必要とする情報を明確にし、目的に適している料金プランの選択や見積りの確認が必要です。探偵法人調査士会では過去の人事調査事例から多くの料金プランをご用意しておりますので、目的に合ったプランをお選びいただくことができます。また予算に応じた料金見積りをご相談時に作成することも出来るため、事前にご確認いただき納得の上でご依頼いただくことが可能です。

 

人事調査にかかる費用を詳しく知りたいときは

人事調査を必要とする際、依頼にどのくらいの費用が掛かるのか、どのようなプランが適しているのか等、人事調査の内容や費用見積りなどをご希望される方は、探偵法人調査士会の人事調査相談窓口をご利用ください。人事調査の専門調査士があなたに合ったプランのご提案、かかる費用の見積り、希望要望に沿ったサポート内容について詳しくご説明します。もちろんご相談に費用はかかりませんのでお気軽にお問い合わせください。

料金費用相談
0120-77-3372

 

人事調査関連用語人事に関するトラブル

  • バカッター
    数年前に問題となった就業中のふざけた行為をSNSに投稿するバカッターは、企業のイメージダウンとなり大きな損失にも繋がります。リスクを回避するためにも人事部での事前チェックが必要な時代となりました。
  • SNS裏アカウント
    社内では、表向きのSNSをアカウントを使用していても、実は裏アカウントを持ち会社や個人への攻撃を行っている場合があります。
  • 情報漏洩
    テレワークが増え、自宅や出先での業務によって社内情報が漏洩する問題が発生しているようです。過失または故意による場合も考えられます。
  • モンスター社員
    一般に、社内の規則や業務命令に従う意識が乏しく規則違反や業務命令違反を繰り返す、あるいは、同僚や上司、取締役への誹謗中傷を繰り返すなど、職場環境に重大な悪影響を及ぼす従業員のことを指し、このような問題社員が増加しているようです。
  • ハラスメント役員
    昔から存在している上司からのセクハラやパワハラ問題はさまざまなハラスメント問題として取り上げられていますが、未だに改善の余地もないままの企業も存在します。特に会社役員や上層部の人間が対象となる場合には、何もしないまますぐに改善することは難しいと言えます。
  • コンプライアンス違反
    数年前から厳しく取り入れられるようになったコンプライアンス遺守ですが、正しく利用されない、できないケースもあり、コンプライアンス遺守によって苦しんでいる方も多く存在しているのです。

 

人事調査依頼のステップ(依頼の流れ)

人事調査依頼の流れについて

 

※この動画に音声はありません。

 

 

人事調査の相談

1、人事調査の相談
人事調査専門家への相談
従業員や新規採用者・ハンティングの対象者に関連する情報を収集したいときは、人事調査が必要です。人事調査の依頼をお考えの際はまず専門家に、調査依頼の目的や今お持ちの情報(対象人物)を詳しくお聞かせください。人事調査で得られる情報の種類や調査の期間、人事調査の利用方法などについて詳しくご案内します。

 

料金プランの確認

2、料金プランの確認
人事調査にかかる費用
人事調査は、目的別・対象者・取得情報の量によってプランが異なり、料金費用も様々です。目的に沿った人事調査の料金プランをお選びいただくか、予算・目的に応じたプランを作成し料金見積りをご確認していただくことが可能です。

 

依頼申し込み

3、依頼申し込み
人事調査の委任契約
人事調査を依頼する際は、下記の書面をご確認の上お申し込みください。いずれも依頼に際して重要な書面となりますので必ずご理解、ご了承のもと署名頂く必要があります。
  • 重要事項説明書
  • 調査委任契約書
  • 調査目的確認書
  • その他、調査項目別の説明書

 

情報整理と準備

4、情報整理と準備
基情報確認と企画
人事調査は事前にご依頼人からお預かりした情報を一つ一つ整理し、人事調査の企画を専門チーム内で行います。人事調査の依頼目的に沿った情報を収集するためには、多角的な調査方法を選定し的確な情報収集を行うための事前準備が必要です。

 

人事調査開始

5、人事調査開始
人事調査専門チームが担当
人事調査は専門の調査チームによって様々な調査手法を駆使し情報が集められます。ご依頼人の目的となる情報を的確に収集することで、問題解決に導きます。また専門家による人事調査は通常では得られない情報や証拠も収集が可能です。

 

経過報告

6、経過報告
情報収集の途中経過報告
人事調査の経過情報(情報収集状況)については定期的にご依頼人にご報告します。人事調査が滞りなく進んでいる場合や情報収集が困難な状況である場合も、ご依頼人に状況を説明し調査の方向性や情報取得方法について判断していただくこともあります。

 

結果報告

7、結果報告
人事調査の報告書提出
人事調査による情報収集が終了した後は、結果報告書を作成します。報告書作成には3日~1週間程度を要しますが、重要な情報や証拠については、人事調査終了時にリアルタイムでご依頼人にご報告することも可能です。

 

解決サポート

8、解決サポート
結果判明後の対策サポート
人事調査による結果を基に問題を解決するにあたり、その対処・対策について専門家がサポートする事が可能です。専門家が解決までの道筋を立てるため自分では解決困難な事案でも円滑に進めることが可能です。

 

契約書類について探偵業法指定の書面

探偵業における依頼お申込み書類(契約書類)は探偵業法に定められた事項に沿って作成された書式書面である必要があります。重要事項説明書をはじめ、調査委任契約書及び調査利用目的書などが準備されていない探偵業者には依頼しないようご注意ください。また先の書面が発行されないまま依頼をしてしまったときは管轄の公安員会(警察署)へご相談ください。

 

人事調査で得られる情報とは

人事調査で得ることができる3種の情報

人事調査を行うことで得られる情報には下記のような項目があります。

 

対象人物の行動内容 行動状況の把握は情報集の基本です。どのような事案を調べるにしても対象人物の行動から分かる情報は多いといえます。人事調査の場合、従業員の勤務態度や怠慢確認、不正確認など様々な事案で行動状況把握が必要になります。また対象者の行動把握は接触人物など重要な情報も入手できます。
対象人物の人物情報 人物情報は主に聞き込み情報収集にて行われますが、日頃の素行情報や人柄、交友関係や趣味趣向など対象人物がどのような性格の持ち主で周囲からどのように思われているかなど人物像を把握する貴重な情報です。また交友関係に問題はないか、反社会的なつながりはないか等、対象人物の背景に関する情報も問題解決には欠かせない情報だといえます。
対象人物の過去の情報 対象人物の過去の情報は、今後の判断材料としては必須の情報だといえます。仕事の実績や経験値、周囲からの評価などについて過去に遡って情報を得ることができます。また過去に何かしらのトラブルを起こした履歴が判明した場合、今後トラブルを起こす可能性が高いと判断することもでき、人的リスクマネージメントに役立つはずです。

 

リスクは事前の情報収集で回避人的リスクマネージメント

人事調査は様々な場面で利用される調査ですが、どのような場合も対象となる相手がどのような人物なのか事前に把握することに意味があります。人的リスクを回避するため、問題を解決する為には対象者の情報収集を行ったうえで最善の対策を取ることが出来るのです。

 

人事調査の種類と必要性

前職調査

前の雇用主や同僚へのインタビューや経歴の確認を通じて、候補者の過去の職務経験やパフォーマンスを評価します。この調査は、候補者の能力や信頼性を判断するために重要です。

 

学歴調査

候補者の学歴や資格を確認するために行われます。教育のレベルや専門知識の有無を確認することで、候補者の適格性を評価します。

 

バックグラウンドチェック

候補者の過去の犯罪歴や信用情報を調査します。特にセキュリティや信頼性が求められる職種では、この調査が重要となります。

 

社会的メディア調査

候補者の公開されているソーシャルメディアのアカウントをチェックし、投稿内容や行動パターンを調査します。これにより、候補者の人格や行動傾向を把握し、組織のイメージに合致しているかを確認します。

 

参考人インタビュー

候補者の仕事や性格に関する情報を提供できる参考人との面談を行います。これにより、候補者の評価や適合性を客観的に判断する手段となります。

 

パフォーマンス評価

候補者の過去の職務結果やパフォーマンスを確認します。これにより、候補者の能力や成果、チームへの貢献度を評価し、将来の業績予測に役立てます。

 

健康診断

健康状態や身体的な能力を調査するための医療検査や問診を行います。一部の職種では、候補者が業務に適しているかどうかを判断するために必要です。

 

財務調査

候補者の財務状況や借金の有無、経済的な信用力を調査します。経済的な安定性が求められるポジションでは、この調査が重要となります。

 

周囲の人へのインタビュー

候補者の同僚や部下、上司との面談を通じて、候補者の人間関係やコミュニケーション能力を評価します。チームワークやリーダーシップスキルの評価に役立ちます。

                    

 

人格評価

候補者の性格や行動傾向を分析するための心理学的な評価を行います。これにより、候補者の適応性やストレス耐性、職場での振る舞いについての洞察を得ることができます。

 

人事調査が利用されている事柄

従業員の業態態度の確認・不正問題の証拠収集

従業員に対する人事調査の中で多いのが、従業員の勤務態度に関する事案です。怠慢業務に対する実態確認をはじめ社内の不正事案に対する証拠収集、従業員同士の不倫・人間関係問題の実態確認、従業員の失踪問題による被害証明など社内で起こるトラブルには様々な事案があります。本来であれば問題が生じる前にリスク管理が必要ですが、実際に問題が起きてしまった以上は解決を急がなければ今後の業務にも支障がでてしまう問題ばかりです。

 

新規採用者・下請け業者の信用確認、トラブル時の対策

人事調査の対象は、既存社員だけではありません。新規で採用する人物や新規で取引を予定している業者に対しても行われます。採用する度に人事調査を行うことは事実上困難ではありますが、少し気になる人物や不審を感じる人物に対しては人事調査が利用されています。また取引先などの人物とトラブルが起きそうな気配を感じたり周囲から思わしくない情報が聞かれるときなどに事実を確認する為、トラブルを回避する為に相手の情報収集を行うことは多いと言えるでしょう。

 

欲しい人材の情報収集・他社の従業員に対する情報収集

社外における人事調査も実際には多く行われています。自社が必要とする人材のリサーチによってピックアップした他社の人材に対し、アプローチをかける前の情報収集として人事調査が利用されます。事前に相手に関する情報を収集することで判断材料が増えることに加え実際にオファーをかける際にも役立つ情報を得ることで人材獲得がスムーズになるのです。

 

探偵法人調査士会は人事問題の解決に必要な情報収集を行っております

 

探偵利用のメリットとデメリット

探偵利用のメリット

 

 

専門的な技術と知識 探偵は調査を専門としており、調査に必要な技術や知識を持っています。正確で信頼性の高い調査を行うことができます。
有効な証拠収集 探偵は、法的に有効な証拠を収集することができます。相手が不正を認めない時にも証拠があることで言い逃れが出来ない状況に出来ます。
調査の秘密が保たれること 探偵は、調査対象者に調査が行われていることを知られることなく、調査を行うことができます。そのため、調査の秘密が保たれ、調査対象者との関係に影響を与えることがありません。
経験や知識を生かしたアドバイス 探偵は、調査対象者の背景や行動パターンなどを分析し、それに基づいたアドバイスを行うことができます。例えば、採用や退職、社員教育などの人事決定において、探偵の分析結果を参考にすることができます。

 

探偵利用のデメリット

 

 

費用 探偵による調査は専門知識や技術を必要とするため、費用が高くなることがあります。また、調査の内容や期間によっても費用は変動するため、依頼前に見積もりをし納得したうえで依頼する必要があります。
時間がかかること 人事調査は、調査対象者の情報収集や証拠の取得に時間がかかることがあります。また、探偵のスケジュールや調査の進捗状況によっては、調査結果が得られるまでに時間がかかることがあります。
企業イメージ 人事調査を行う企業ということが明らかになると企業イメージが厳しい印象になる可能性があります。探偵による調査を検討する際には、慎重に判断する必要があります。
会社規定の変更が必要 人事調査を行うにあたって得た情報を元に雇用の変更をする場合、会社の規定を変更しなくてはいけない手間が出てくる可能性があります。

 

人事調査一覧

企業の定期内定調査の重要性

企業運営において、リスク管理と予防は重要な項目でもあります。企業における探偵調査利用は実は珍しくはなく、問題が起きた際やリスクヘッジを目的とした調査利用も多くお受けしています。こちらでは、企業における‥詳しく見る

従業員の生活状況確認調査

「従業員の家庭での様子を知りたい」「社宅の利用方法に問題がないか確認したい」という方に向けた、従業員の生活状況確認調査のご案内です。従業員の生活における行動に問題があると企業や周りの従業員にとっても悪‥詳しく見る

探偵に人事調査を依頼するメリットとは

求職者を雇用するか判断する場合や、従業員においてトラブルが発生している時に実態を確認したり、証拠を得るために、探偵の人事調査というものを利用することが出来ます。探偵に依頼をしなくても企業独自にできるの‥詳しく見る

人事調査を依頼する前に知っておきたいポイント

「新規採用者について調べたいことがある」「従業員の悪い噂の実態を調べたい」という方に向けた、人事調査のご案内です。人事調査は、企業の成長に役に立つ調査であり、取り入れている会社も増えてきました。人事調‥詳しく見る

人事調査に必要な情報と探偵が果たす役割

「採用予定の人物の経歴を調べたい」「従業員が不正していないか調べたい」という方に向けた、人事調査のご案内です。企業にとって、従業員を採用し、育成し、維持することは成功に欠かせない要素です。しかし、時に‥詳しく見る

もっとみる

人事調査体験談

一流ホテルの採用調査|ホテル会社の人事調査体験談

一流ホテルや旅館の採用調査をして欲しいという相談は少なくありません。一流の接客をしてもらう為にも、採用する方を見極めることはとても重要です。今回は、一流ホテルの人材を採用するにあたって‥詳しく見る

不動産営業をしている従業員が不必要な残業をしている|不動産会社の人事調査体験談

営業に出てしまっている従業員が不必要な残業をしているかもしれないので調べて欲しい、という相談は非常に多いです。不正に残業手当をもらおうとしている可能性があるので少しでも不信感を抱いたら‥詳しく見る

不動産従業員が休職手当を目的にうつ病と偽っているかもしれない|不動産からの人事調査体験談

うつ病と診断されて休職している従業員がどんな生活をしているのか調査して欲しい、というご相談を受けることがあります。うつ病というのは誰でもかかり得る病気と同時に、知識さえあれば、カウンセ‥詳しく見る

副業禁止なのにアルバイトをしているかもしれない保育士|保育園からの人事調査体験談

働く上で、副業禁止にしている会社も少なくありません。副業をしてしまうと、仕事に影響が出てしまうこともあります。それを承知で就職したのにも関わらず、副業やアルバイトなどをしているかもしれ‥詳しく見る

従業員の不正についての投書をされた|沖縄県50代女性の行動調査体験談

自分が試行錯誤をして設立した大切な会社に、もし不正を行っている従業員がいたらどうしますか?もちろん、すぐにでも解雇をして会社も守りたい、そう思うものでしょう。しかし近年不当解雇等による問題が重‥詳しく見る

もっとみる

人事調査事例

リモートワーク中に連絡が取れない社員は何をしている?|石川県からの調査相談事例

コロナ禍により日本中で一気に広がったリモートワーク。通勤時間がなく、移動の手間と時間や金銭面、そして体力的にも助かると働く人にとって人気の勤務形態です。中にはコロナ禍を機にオフィスの縮小をして、在宅手‥詳しく見る

中途採用の社員が職歴詐称しているか調べたい|京都府40代男性からの調査相談事例

求職者を面接で見抜くのは困難な時に、探偵の調査を利用できます。求職者が自分を少しでも良く見せようと、履歴書の詐称をしているケースは多く、問題となっています。履歴書の詐称を見抜けずに雇用してしまうと、求‥詳しく見る

社内不倫疑惑の営業と販売員を調べてほしい|大阪府30代女性からの調査相談事例

不倫している人たちは、どこで出会っていることが一番多いのかご存知ですか?ご依頼人からの浮気調査の結果で統計を取ると、飲みの場や、知人の紹介や友人を抑えて、職場での出会いが最も多かったのです。不倫という‥詳しく見る

クレームから発覚した運転手の不正問題|運輸・運送業向け調査案内

不正行為をおこなっている従業員がいるかもしれないので調査して欲しい、という相談は少なくありません。どうしても自身で動けない場合や、裁判に有利な証拠が欲しい場合は専門家に相談をし、問題を解決して‥詳しく見る

採用人事のための情報収集|飲食・宿泊・サービス業向け調査案内

新卒採用するために採用調査をしてほしい、という相談は少なくありません。新型コロナウイルスが流行し、在宅ワークをする上で社員の目に見えない時でもしっかりと働いてくれるのか、見極る必要があります。‥詳しく見る

もっとみる

人事調査の専門家が24時間対応しております

探偵法人調査士会では、人事調査に関する様々なご質問・ご希望・ご要望に対しお応えしています。人事問題でお悩みの方は専門家にご相談ください。きっと解決方法が見つかるはずです。人事調査の利用法や人事調査で収集した情報の扱い方、人事問題の解決方法などについても詳しくご案内しております。

人事調査相談
0120-77-3372

多くの方が選ぶ人事調査プラン

人事調査プラン1

業務実態調査プラン
従業員の業務実態を確認する調査
依頼料
税別200,000円

人事調査プラン2

勤務時間外の調査プラン
従業員の業務時間外の活動内容確認
依頼料
税別150,000円

人事調査プラン3

人物情報の収集プラン
従業員の人物情報(風評・噂等)の収集
依頼料
税別250,000円

おすすめの人事調査プラン

おすすめ人事調査プラン1

人事評価用調査プラン
従業員の評価材料としての情報収集
依頼料
税別300,000円

おすすめ人事調査プラン2

新規採用者調査プラン
新規採用者の過去の評価・情報収集
依頼料
税別150,000円

おすすめ人事調査プラン3

社外人材の調査プラン
人材探しの判断材料としての情報収集
依頼料
税別300,000円

お知らせJINJICHOSA-NEWS

2024-05-24

身元が不明な従業員を雇い入れるリスクとは|探偵法人調査士会ニュース

従業員をや雇い入れる際に、ほとんどの場合で入社希望者に履歴書の提出を求めると思います。従業員になるかもしれない相手の身元が分からない状態であると、どのようなリスクがあるのか考えたことがあります‥詳しく見る

2024-02-01

バックグラウンド調査はどんなときに必要?|探偵法人調査士会ニュース

バックグランド調査とはいわば身元調査のことを言い、企業が新たな採用を行う際に利用されます。現代社会では、多様な人材を採用する事は企業の将来性にもつながる重要な要素となっていますが、採用候補者を‥詳しく見る

2023-12-10

令和5年度年末年始の営業についてのご案内|探偵法人調査士会のお知らせ

年末年始の営業についてお知らせです。探偵法人調査士会は年末年始もご相談を受け付けています。連休は調査依頼が混み合う傾向にあります。年末年始の調査依頼をお考えの方は、探偵の人数確‥詳しく見る

2023-10-15

中途採用者に対して行う行動調査とは|探偵法人調査士会ニュース

中途採用者は職務経歴があり、新卒者と違い会社の率先力となる事が期待され各企業で積極的に採用が行われています。中途採用者の場合でも、慎重に面接を行なってから採用するかと思いますが面接時間はせいぜ‥詳しく見る

2023-10-11

採用時に身辺調査をされることはある?|探偵法人調査士会ニュース

就職したいと思った企業を見つけて企業に応募すると、必ず履歴書(経歴があれば職務経歴書)を求められます。履歴書の内容が通れば適性検査や面接を行う流れが一般的かと思いますが、それとは別に自分の身辺‥詳しく見る

もっとみる

 

お問い合わせCONTACT

お電話での人事調査相談

0120-77-3372

人事調査に関する様々なご相談に調査士がお応えします。

メール人事調査相談(24時間無料お見積り)

※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心ください。
※送信後48時間以内に返答が無い場合はお電話でお問い合わせください。
※お急ぎの方は電話無料相談をご利用ください。

お名前必須

※ご不安な方は偽名でもかまいません

必ずご記入ください

お住まい地域

※お住まいの地域を選択してください

必ずご記入ください

ご連絡先

※携帯または固定電話の番号をご記入ください

必ずご記入ください

メールアドレス必須

※携帯アドレスはPCからの受け取り可能に設定してください

必ずご記入ください

人事調査の対象者

※対象人物をお選びください

人事調査の種類

※人事調査の種類をお選びください

現在に至る経緯について必須

※できる限り詳しくお聞かせください(調査を依頼する理由)

必ずご記入ください

対象人物の情報

※対象人物についてわかる範囲でお聞かせください

必ずご記入ください

依頼目的・希望・要望

※依頼の目的や希望要望があればお聞かせください

必ずご記入ください

サポートの有無

※希望するサポートがあればお選びください

希望予算

円くらい
必ずご記入ください

ご都合の良い時間帯

探偵法人調査士会のご案内に関する詳細Company overview

人事調査の知識情報ページは、探偵法人調査士会の人事調査専門家によって作成されたページです。弁護士監修のもと人事問題の解決、人事調査の依頼、費用等に関する知識情報を記載しております。会社情報等は下記をご覧ください。調査士会の詳細案内は下記のページに記載しております。

探偵法人調査士会は
全国に対応しておりますAREA

【北海道・東北地方】
北海道  青森  岩手  秋田  
宮城  山形  福島
【関東地方】
東京  千葉  埼玉  神奈川  
群馬  栃木  茨城
【北陸・甲信越地方】
新潟  長野  山梨  富山  
石川  福井
【東海地方】
静岡  愛知  岐阜  三重
【関西地方】
大阪  京都  奈良  滋賀  
兵庫  和歌山
【中国地方】
鳥取  島根  岡山  広島  山口
【四国地方】
香川  愛媛  徳島  高知
【九州地方】
福岡  長崎  佐賀  大分  熊本 
宮崎  鹿児島  沖縄
【本部事務局】
探偵法人調査士会

探偵法人調査士会は全国に対応しております